福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高浜原発4号機緊急停止事故・抗議署名のお願い 3月8日まで!!

友人から送られてきたメールを転載します。
署名よろしくお願いします!
テレビで見た再稼働のスイッチオン!その直後に緊急停止のアラームが鳴り出し、職員の「あれれ?」となす術のないままの映像が流れました。
人は「起こるはずのないアラーム」が鳴ると短時間だったのかもしれませんが、どうしていいか分からなくなるのですね。「オオ怖!」です。高浜では散々トラブルが既に起きているのですから、スイッチを入れる時だって、「何があってもなんとかする・出来る」という気概と知識と技術が全員になければ、やっぱり怖い。
私なぞ多くの人と一緒に何か行動すると、「誰かがなんとかしてくれるだろう、誰かがきっと確認してくれてるだろう」という気持ちを持ってしまいます。あの方たちはそんな安易な考えをしていないと思いたいけれど、見てしまいました。私と同じ!原発ですよ、あの人たちが動かそうとしているのは!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月20日に冷却水漏れを起こした、高浜原発4号機、29日今度は緊急停止を起こしました。当時、中央制御室の様子をモニター中継で報道陣に公開中でしたが、制御室全体が騒然となって中継はいきなり遮断されたそうです。何処かの国の国営放送の様です。関電は、原因を規制庁に報告するまで、発送電をしないとしているようですが、先の冷却水漏れの原因は、関電と規制庁で食い違ったまま、再稼働を進めていました。今回も食い違ったまま報告して終わりになるのでは・・・このまま黙ってスルーしないよう協力をお願いします。m(_ _)m
・・・・・・・・
みなさまへ<拡散希望>

■高浜原発4号機緊急停止事故・抗議署名のお願い

署名フォームは以下です!
https://fs224.formasp.jp/f389/form1/

高浜原発4号機が緊急停止しました。4号機は20日にも一次冷却水が漏えいする事故を起こしたばかりでした。今回の事故は、この漏えいの原因究明も放棄し、再稼働を最優先して突き進む関電と原子力規制委員会の姿勢によって、もたらされました。次には、取り返しのつかない大事故の危険さえあります。

冷却水漏れに際しては、56時間で4400筆あまりの署名をいただきました。今回の緊急停止を受けて、改めて高浜原発3・4号機の再稼働断念を迫る抗議署名を行うこととしました。前回ご署名いただいた方は再度になりますがよろしくお願いいたします。もちろん今回はじめての方も歓迎です。まわりへの拡散もよろしくお願いいたします。よろしくお願いいたします。

*******************************************

高浜原発4号機の原子炉自動停止事故に抗議する
再稼働最優先の関電と規制委員会の姿勢が引き起こした原子炉停止事故

再稼働最優先ではなく、事故原因を徹底究明し、住民に説明せよ!
高浜3号も運転を停止せよ!

原子力規制委員会委員長 田中俊一様
関西電力社長 八木 誠様
2016.3.1

2月29日、高浜原発4号機が緊急自動停止した。発電と送電の操作を開始したとたんに警報がなり、発電機が自動停止した直後にタービンと原子炉も自動停止したと報道されている。高浜4号機は、2月26日の原子炉起動直前の20日にも、一次冷却水が漏えいする事故を起こしたばかりだった。この漏えいの原因究明も放棄し、再稼働を最優先して突き進む関電と原子力規制委員会の姿勢によって、今回の事故はもたらされた。私たちはこれに強く抗議する。

2月20日の一次冷却水漏えいについて、関電は2008年からの「ボルトゆるみ」が原因だと発表した。しかし原子力規制庁は、ボルトは規定値で締められておりゆるみはなかったと表明している(2月25日の私たち市民との交渉。その後26日の福島みずほ議員事務所への文書回答)。両者の言い分は異なったままだ。さらに、もう一つの漏えい原因である、圧力の一時的な上昇についてもなんら解明されていない。

このような姿勢で再稼働を最優先させれば、次には、取り返しのつかない大事故の危険さえある。これ以上、若狭の住民、京都北部の住民、関西一円の住民の命をもてあそぶなど許されない。高浜原発3号機も即刻運転を停止すべきだ。

要  請  事  項

1.高浜原発4号機の原子炉緊急停止と一次冷却水漏えいの原因を徹底究明し、福井と関西の住民に説明すること。
2.高浜原発3号機も運転を即時に停止すること。
3.住民の安全を守るためには脱原発しかない。高浜3・4号の再稼働を断念すること。

締切り 2016年3月8日24時

呼びかけ
グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/アジェンダ・プロジェクト/脱原発はりまアクション/避難計画を案ずる関西連絡会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/FoE Japan/グリーンピース・ジャパン/原子力規制を監視する市民の会

連絡先
グリーン・アクション
京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL: 075-701-7223 FAX: 075-702-1952
原子力規制を監視する市民の会
東京都新宿区下宮比町3-12-302 TEL: 03-5225-7213 FAX: 03-5225-7214
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。