福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもを守ろう!11月7日(土)新宿アルタ前デモ

直前ですが、「脱被ばく実現ネット」主催のデモが東京都新宿駅東口のアルタ前広場で開かれます。放射能の被害がだんだん顕著化しつつありますが、公の文言は常に「放射能の影響とは言いにくい」となっています。その文を鵜呑みにしていないと思いますが、私たちの気持ちを表現する事によって、解決への道が創られてくると思います。多くのアピールがあるはずです。参加してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
放射能は今でもこわいよ!
日時:11月7日(土)14:00~
場所:東京都新宿駅東口 アルタ前広場

少し大きい文字主催:脱被ばく実現ネット
プログラム:14時~ デモ前アピール
      15時予定 デモ出発

原発事故5年目!放射能の影響は?関東にも拡大する被害!

広瀬隆氏からのメッセージ
みなさま、おそろしいことに、すべてのテレビと新聞が、「放射能の危険性」をまったく言わない時代になりました。
大被害は、いま、私たちの体内で潜伏期にあり、フクシマ原発事故によって傷ついた細胞が動きだし、いよいよ深刻な病状が出始める直前にあります。
特に子どもたちの被害は目前です。
それを防ごうとする人たちは、まったく無視されています。
私たちは今こそ結束して動く必要があります。


8月31日に行われた第20回福島県「県民健康調査」検討委員会では甲状腺がんが137名にも達したにもかかわらず、またしても「放射能の影響とは考えにくい」と決定づけました。現松本市長で甲状腺ガンの専門医である菅谷昭(すげのやあきら)氏は「ガンは理由もなく発生するのではない、放射能の影響でないと言うなら何が原因かあきらかにすべき」と述べています。9月11日(金)発売の雑誌フライデーに福島中通り地方に住む20歳の女性が、原発事故後に小児甲状腺がんと診断され、リンパや肺にも転移し、2度の手術を受けたとの記事(取材・文/明石昇二郎氏)が掲載されました。
国や福島県は事故当時福島市が毎時10μSvもあったのにその事実を隠したため、高校の制服を作る為に福島市のデパートの外に30分以上も並んだと言います。国と福島県が事故後にきちんとした対策をとらず、多くの人を膝区させた責任は重大です。
 関東でもこれまでも様々な健康被害が言われていますが、福島県以外では唯一の集団検診をした北茨木市ではたった3593名の受信者の中で3名ものお子さんが甲状腺ガンと診断され、とうとう、深刻な被害が顕著になりつつあります。

呼びかけ人
広瀬隆 坂本龍一 おしどりマコ・ケン 柳田真(たんぽぽ舎) 崎山比早子 満田夏花 野呂美加 井戸謙一 山本太郎
賛同団体
「NPO法人ふくしま支援・人と文化ネットワーク」「たんぽぽ舎」「経産省前テントひろば」「明日は我が身の実行委員会」「さよなら原発・神奈川」「チーム今だから」「和光、新座、志木、朝霞 子どもまもるひまわりの会」「福島の子どもたちを守る会・北海道」{NPO法人放射線測定アスナロ}「放射能からこどもを守ろう関東ネット」「Mamademo(ママデモ)」「NPO法人快医学ネットワーク」「Make Our Way」「ひまわりプロジェクト南相馬」「南相馬・勧奨地域の会」「学校・保育園の放射能対策@横浜」「子供を守ろう 水曜文科省の会」
賛同人
生井兵治 木幡ますみ 松本徳子 黒田節子 今野寿美雄 牟田真幸 山口たか(福島の子どもたちを守る会・北海道) 白川智隆 大江優香(チーム今だから) 岡山博 園良太
 野崎泰志 ヒロオカアヤ 青木あゆみ

脱被ばく実現ネット(旧ふくしま集団疎開裁判ブログ)
 http://fukushima-sokai.blogspot.jp/
活動ブログ http://fukushima-sokai2.blogspot.jp
フェイスブック https://www.facebook.com/fukushimasokai
ツイッター https://twitter.com/Fsokai
連絡先   nijisaiban@gmail.com

カンパ宛先 
ゆうちょ銀行 「脱被ばく実現ネット」
支店番号 008 記号: 10080-14196841
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。