福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月21日経産省前テントひろば第二回控訴審

経産省前テントひろばは今秋9月4周年を迎えます。
福島バッジプロジェクトはずいぶんとテントひろばさんにはお世話になっています。テントひろばでチラシをずうっと配ることが出来るのは大変に有難いです。私は金曜日にはテントひろばで主に通行人の方達に「福島の活動です。読んでいただけますか?」と声をかけ、チラシを渡し続けています。あの場所柄、官公庁のお勤めの方、関係者の方がよく通るので、その方達に「福島は今も苛酷な情況にあると伝える機会をいただいているのです。バッジプロジェクトを始める前から待ち合わせ場所でもありました。福島の友人、関東の友人に会うのもいつもテントひろばの場所。多くの方が待ち合わせする場でもあり、今の混沌とした政治状況の中で大きな役割を果たしています。
経産省テントひろば控訴審のチラシを書き起こします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(チラシ表)
7月21日(火)テント裁判控訴審第二回弁論
渕上太郎さん、
正清太一さんが証言!
フクイチは収束していない!
再稼働は認められない!
経産省は責任を取れ!

2015年7月21日(火)
東京高等裁判所102号法廷
13時:30分開廷 
(傍聴券の抽選受付は13時までです)
事前集会 12:15
東京高等裁判所前
報告集会  17:30
 参議院議員会館講堂
圧倒的な参集を!  
経産省前テントひろば 
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-3-1
電話:070-6473-1947


(チラシ裏)
東京高裁を埋めつくすテント
裁判傍聴参加を!ご支援を!


なぜ脱原発テントを建てたのか
 6月19日、東京高裁でスタートした控訴審第一回テント裁判は満席の傍聴で亀屋幸子さんと黒田節子さんの福島からの証言を熱く支えました。国、経産省の代理人からの尋問は上滑りで空しく法廷内の怒りと失笑をかいました。
 私たちはなぜ4年前の2011年9月11日に経産省前の「ポケットパーク」にテントを設営したのでしょうか。福島第一原発の苛酷事故を顧みず、新たな再稼働推進に奔走する経産省に抗議し、市民が自由な表現の場として座り込む、国内に世界に脱原発を発信する拠点になるのです。

NO NUKES NO WAR NO ABE
時あたかも安倍政権は会見クーデターに等しい戦争法案を通す為、3ヶ月の国会会期延長を強行しました。連日、国会・官邸への抗議の声を上げる市民は増大しています。テントは国会を見上げる『「潮見坂」の交差点角に位置します。潮目は確実に変わってきました。テント前の座り込みでその様子が、コールが確実に実感できます。いま、「人民の海」は国会、官邸に向けて完全な満ち潮です。

7月21日、声掛けして傍聴参加を!
 梅雨明けも待たれる7月21日(火)午後1時の傍聴券抽選締め切りに間に合わせ、知り合い、知人の方々に一人ひとり声を掛け合わせ傍聴に参加ください。抽選にもれた方には別途企画を予定しています。
 証人台に立つのは国が被告とした渕上太郎氏と正清太一氏、他です。テント設立の真意を弁護士の尋問に答え、高野伸裁判長らに訴えます。傍聴人である私たちも証言台に立ったつもりで、裁判長を見据え、左右陪審(裁判官)を、被告弁護団を注視し審理に臨みたいと考えます。

審理が尽くされるまで裁判継続を!
 国はSLAPP訴訟という市民圧殺の裁判手法で高額賠償金を要求しています。私たちは理解ある支援者の皆様にカンパを呼びかけ今日までテントを維持・運営しています。
 9月11日にはテント設営4周年を向かえます。国、裁判所の判断を打ち破るためにも資金が必要です。今後も季節に合わせたイベント、講演会などを企画し、誰もが立ち寄れるテントを目指しています。裁判費用をねん出するためのテントTシャツも作成しました。
 ノーニュークス!ノーウォー、ノーアベ!を合言葉に7.21第二会控訴審傍聴席を埋め尽くしましょう。

テント裁判の
勝利のために
カンパを
お願いします

口座名義: 「経産省前テントひろば」
郵便振替  00160-3-267170
銀行振込  ゆうちょ銀行  店名 :00八
        普通預金口座: 5289163
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。