福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語り部が語る「ふくしまの今」5月31日(日)JICA地球ひろば(東京・市ヶ谷)

特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」主催イベントが5月31日に開かれます。
語り部が語る「ふくしまの今」
~泣いて笑って怒って生きる~
猪狩弘之氏(被災地ガイド)講演会
汚染土をためるフレコンパックが山積みになった
   福島浜通りの津波・原発事故被災地
   彼は荒れ野を歩き、鎮魂と怒りを込め
    被災地の意味を語り続けてきた
いまその声を聴き、私たちにできることを考えたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆5/31「ふくしまの今」3・11後、福島被災地の語り部として活動されている
  猪狩弘之さんの講演と武藤類子さん、神田香織さんをまじえての
  パネル討論です。
     講演&パネル討論「語り部が語る『ふくしまの今』」
日 時:5月31日(日)14時45分~17時
講 師:猪狩弘之(被災地ガイド)、
    武藤類子(福島原発告訴団団長)、
    神田香織(当NP0理事長/講談師)
会 場:JICA地球ひろば市ヶ谷6階セミナールーム600
               (JR/地下鉄「市ヶ谷」徒歩10分)
主 催:NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」(090-2171-4971)
    詳細は、以下のホームページのイベント告知欄をみて下さい。
     http://www.support-fukushima.net/news/150302.html 
参加費:1000円
特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」
5月31日に、原発被災地ガイド・猪狩弘之氏を招きシンポジウムを開催します。
 2015年度の年次総会に合わせ、5月31日(日)に東京・市ケ谷で、地震・津波・原発事故の被災地をガイドする猪狩弘之氏をいわき市から招いて、講演会とパネルディスカッションを開催します。猪狩氏には、昨年10月に私たちが主催した福島ツアーでも、いわき市四倉から双葉郡の広野町、楢葉町、富岡町周辺を案内していただきました。ツアーに参加できなかった人にも、ぜひ猪狩氏の話を聞いていただきたいと、企画しました。
 福島第一原発の事故からまる4年が経ちますが、高度汚染水の外洋流出が続くなど、事故はいまだに収束していません。さらにここに来て、東電の隠蔽体質もあらためて明るみになりました。福島の被災者はもちろん、国民全体を愚弄する行為を許すことはできません。
 現地で生活する人々はいま何に悩み、何に希望を見出しているのか。猪狩氏からお話をいただいた後、福島原発告訴団団長の武藤類子さんと、当NPO理事長・神田香織をまじえてパネル・ディスカッションを行います。
 ふるってご参加下さい。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。