福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉町「原子力明るい未来のエネルギー」看板を残そう!

「原子力明るい未来のエネルギー」看板を残そう!
というとっても小さなチラシを金曜日の国会前抗議行動でいただきました。
・・・・・・・気になって「あれ?署名はしたのだけれど・・どうなっているのですか?」と聞くと、「思ったよりも署名やカンパが集まらないのだと聞きました。私は外の者だけれど、こういう形で多くの人に広めたいと思ってしています。」
それでとにかくチラシの書き起こしをしました。お読みください。署名が一人でも多く、カンパが1円でも多く集まっていくと有難いです。自分で文章を書いて印刷して配っていたのですね。ありがとうございます。
このブログのカテゴリーとしてこれは「繋がった人達からのメッセージ」になります。こういう形で多くの方が様々な方法で福島や辺野古、川内他多くの方達と物理的には知らない人同士が知らずに繋がっていること、嬉しいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「原子力明るい未来のエネルギー」看板を残そう!チラシ書き起こし
ご存知の方も多いと思いますが、双葉町のこの看板「危険だから」ということで役場が撤去費用410万円を予算に盛り込みました。それに対し、小六の時にこの標語を作った方が「人間の愚かさを後世に伝える負の遺産」「とウッジ者として、嘘のない真実の未来の形として次世代に伝えたい」「双葉町が本当に『明るい未来』を信じていた時代がたしかにあったという歴史が詰まったメッセージ」として、撤去反対を訴えておられます。
双葉町の方や、収束作業労働者の方がこの看板を見るときの気持ちは、東京の私にははかりしれない苦しさがあると思います。撤去したのも当然かもしれません。
しかし、私たちがいかに忘れやすいかは、今の原発再稼働の動向を見てもわかります。形のあるものはその流れを止める力となります。なにより、拙速に撤去をしてしまったら、もう取り戻せないのです。

ご意見はいろいろあると思いますが、兵庫の作者ご本人がやっている撤去反対の署名サイトをご紹介します。ご賛同くださる方は、是非署名をしてください。そして孤独な闘いをしておられるこの方の勇気に対し、メッセージを送ってくだされば、とお願いします。

署名サイト1:フォームメーラー
https://pro.form-mailer.jp/fms/44e3db4374356
署名サイト2:Change.org
http://goo.gl/7sNehm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参照:河北新報 2015年3月11日記事より
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150311_61031.html
明るい未来見えず…原子力PR看板撤去へ
東京電力福島第1原発の立地町で、全町民が避難している福島県双葉町は、原子力のPR看板を掲げた町内2カ所のゲートを撤去する方針を決めた。老朽化が理由。看板は、原発との共生を目指した町の象徴だった。帰還困難区域の町中心部で町道をふさぐように倒壊している家屋も除去する。
 新年度の一般会計当初予算案にゲートの撤去費410万円と、家屋除去を含む町道環境整備費3200万円を計上した。
 国道6号に面した町体育館前のゲートは1988年の設置で、表裏に「原子力明るい未来のエネルギー」「原子力正しい理解で豊かなくらし」と表記。役場入り口のゲートは91年に完成し、「原子力郷土の発展豊かな未来」「原子力豊かな社会とまちづくり」と書かれている。標語は町民から募集した。
 ともに鉄骨やトタンで造られ、文字板はアクリル製。長期避難で管理ができず、腐食が進んだ。町復興推進課は「作業員や一時帰宅した町民の安全性を考え、撤去を決めた。標語の内容は関係ない」と説明。伊沢史朗町長は「保存は考えていない」と述べた。
 撤去は夏以降になる見通し。いわき市に避難する男性(57)は「安全神話が崩れ、避難している町の現状を考えれば、看板の言葉はふさわしくないが、町の歴史を表してもいる。撤去は一つの節目で、複雑な気持ちだ」と話した。
 道路に倒壊した家屋の除去は、旧国道の町道沿いにある11カ所が対象。所有者の了解を得た上で、道路にはみ出した部分を取り除く。地震や長期避難による老朽化で崩れた家屋は、無人と化した町の荒廃を物語っている。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。