福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釜石のコーヒーと菜の花バッジ

時々幟を持ったりして私の心を支えてくださっている方から文章をいただきました(ねだりました)。
少し話は聞いていたのですが、この文を読んで彼女の釜石への行動と思いがすんなりと私の心に解けていく気持ちです。彼女から見せてもらったコーヒー屋さんのマスターのバッジ、今からは違う目線で私が見ることになります。話って聴くものですね。もう少しじっくりと多くの方のお話を伺いたいと、この文章を読んで思いました。
掲載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「釜石のコーヒーと菜の花バッジ」 
                       2015.02.10 鳥居 光代 
 釜石を初めて訪れたのは、震災翌年11月であった。
震災後しばらく避難所となった宝来館に泊まり、女将さんから当時の話を聞いた。当日の津波の押し寄せるビデオも見せてもらい、津波の強さ、恐ろしさに言葉を失う。その後 各地の津波のビデオを見るチャンスは何回もあるが、見るたびに鳥肌が立ち、言葉を失う。
 その宝来館に同じボランティアとして泊まった人が「釜石に住み込んで復興の手伝いをするつもりだ」と話してくれた。関東に家族を残し、釜石に家を借りた、その友人宅に月一回2泊3日通い始めた。
 通っているうちに超おいしいコーヒーに出会い、マスターと話をするようになった。賞味期限1か月というコーヒー豆を毎月1kgずつ買い込み コーヒーに目がない夫も「釜石のコーヒー以外飲めなくなった」と絶賛。 ある時、そのマスターに思い切って「原発をどう思う」か聞いてみたら、「釜石でコーヒーを出す前は東京に住んでいて 金曜の官邸前反原発集会に通っていました」と即答。 これには驚いた。もっと早く話せば良かった。すぐに菜の花バッジを渡すと快く受け取ってくれた。その時客として来ていたマスターと同年齢の男性が「ぼくも原発反対です」と。この方にも菜の花バッジを渡した。とてもいい気分。
 1か月後 釜石に行った時、コーヒー屋の店先に菜の花バッジが飾ってあるのを見て、また感激。そこで最新の菜の花バッチストラップを渡すと、その場でジャンパーのポケットに取り着けた。
賛成者はここが違う。
 そのマスターが東京に用事があり、そのついでに官邸国会前反原発集会に参加した。次の日には釜石に帰った。
 マスターの店をデザインした缶バッチをもらったので マスターが来たくても来られない国会前に 私のリュックにコーヒー缶バッジを付けて行くことにした。マスターの身代わりバッチと菜の花バッジを付けて私は今週も国会へ行く。            
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。