福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大間原発をめぐって見えて来た日本の姿

たんぽぽ舎は多くの勉強会を開催しています。金曜日抗議行動に来られる人はたんぽぽ舎のチラシを入手できますが、1ケ月行かないと!!情報が入らなくなる気分。抗議行動に参加されている方は殆どチラシを貰っています。そのチラシの中から大間原発のお知らせを掲載します。続きからチラシの裏を書きました。目次を読むだけでも大変に面白いですので、最後まで読んでいただければ・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3回 大間原発を考える学習会
大間原発をめぐって見えて来た日本の姿
講師:野村保子さん(大間とわたしたち・未来につながる会)

Jパワーは大間原発の規制基準検査を2014年12月16日に規制委に申請しました。
大間原発はフルモックスで発電する世界初の原発となります。何としてもこの原発を建設・運転させてはなりません。「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」の著書で、ブログ「大間原発止める道≫主催の野村保子さん(函館在住)は2月上旬に「大間原発と日本の未来」(寿郎社)を刊行予定。「大間原発の歴史と関わる人々との出会いで見えてきた原発の姿は日本そのものです」。この著書を中心に、函館市民は死の訴訟をどう受け止めているか、函館では今、どんな活動が行われているか、なども含め大間原発をめぐる最新情報をお話しいただきます。
2015年2月3日(火)19時~21時
(開場18時15分) 18:30から関連DVDの上映あります。

共催: 大間原発反対関東の会&たんぽぽ舎講座会議
参加費: 800円(学生400円)
会場 :スペースたんぽぽ

たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階
JR水道橋駅西口から5分
〒101-0001 東京都千代田区三崎町2-6-2
連絡先: Tel 03-3238-9035 Fax 03-3238-0797
Email : nonukes@tanpoposya.net
HP address:http://www.tanpoposya.net/
・・・・・・・
次回函館市大間原発建設差し止め裁判は
東京地裁103号大法廷で3月19日(木)
午後3時から、午後2時半まで傍聴整理券配布
その後傍聴券抽選・配布となります。

裏へ
寿郎社の近刊  (2015年2月刊行予定)
野村保子著――大間原発訴訟の会(函館市在住)
大間原発と日本の未来
小出弘明解説 ・四六版・並製・300頁(予定)・予値:本体 1900円+税
(主な内容)
1 大間町訪問
2 なぜ大間は危険な原発を受け入れたのか
3 故・熊谷あさ子さんの闘い
4 大熊町で反対し続ける人々
5 対岸の函館の反対運動――「ストップ大間原発道南の会」ができるまで
6 裁判に至る道――「大間原発訴訟の会」ができるまで
7 フルMOX原発の危険性
8 改良型沸騰水型軽水炉ABWRとは
9 原発を建てたことのない電源開発の野望
10 犠牲のシステム
11 大間原発と日本の未来
12 大間に吹く新しい風
13 地方自治体が訴訟を起こす――函館市長の挑戦 
原発年表/索引

発行 寿郎社  〒060-0807 札幌市北区北7条西2丁目37 山東ビル
  電話 011-708-8565  FAX 011-708-8566
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。