福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「福島 、風と木の3年」出版の紹介

150105_2053~01 風と木の本②
宣伝になってしまいますが、福島バッジプロジェクトの代表丹治博志がご家族と一緒に「福島風と木の3年」という題名の本を出版しました。
地震直後からの日記抄録、家族で経営しているカフェ・レストラン発行の冊子「うFuふ」、自主避難して離れ離れになった家族が絵手紙で繋がり続けたこと、その大量のハガキから構成された美しい、大人の為の絵?本です。
絵本のようにちりばめられた絵手紙は見ていて飽きないし、日々の暮らしを大事に生きている福島の一つの家族が原発が爆発した後の3年間をどのように過ごしていたのか、その記録は読みごたえがあります。
時々、このブログの中で紹介させていただきたいと思います。
また、金曜日の抗議行動でも機会がある時に読んでみようと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
発行元: 風と木 (ふうとぼく)
      福島市渡利字番匠町56-2 電話 024-523-3088
      URL. http://www008.upp.so-net.ne.jp/fuutoboku/
題名: 福島風と木
定価: (本体1,500円 +税)
まえがきの一部抜粋・・・
2011年3月11日、あの日の夜、不安と恐怖に突き動かされるように「この現状を記録しなければ」と強く感じ、私の短い日記が始まりました・・・・略・・・・・空気を汚し、土を汚し、人間の体に長きにわたり悪影響を及ぼすであろう原発の放射能は、人間がその地で生き続けることが困難な空間を作ってしまいました。「脱原発」は私たち家族の強い願いです。・・・・略・・・3年が経過して、中学2年生と少額5年生になった孫たちは、福島に帰ってきました。日々の小さな営みを家族の幸せと考える私たちの新たな生活が、ここ福島で始まっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。