福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬市の人口と交通量の多さ・・・やはり避難勧奨解除は・・・

久しぶりに用事があって南相馬市まで出かけました。
福島市から飯館村に入ると以前は荒れ放題だった土地がすっきりとし、除染した土の入っている袋が延々と並んでいました。除染中という幟が伊達市の霊山辺りから南相馬市まではためいていました。
南相馬に入ると交通量の多さが以前とは違いが判るほどに多くなり、街の様相、人々の感じもガラリと変わっているような気がしたので、市役所に人口と歳入歳出の資料を貰いに行きました。

人口は2011年3月11日現在は71,561人、2014年12月11日現在47,297人です。
市外避難者は12,590人(内県外避難者は7,499人)で、転出が8,106人。合計29%の人が転出または避難されて人口が減少しています。
また死亡された方(震災関連以外も含めて)3年半で3,542人で、人口死亡率(人口千対)は14となり、2011年の年間人口死亡率(人口千対)は9,9に比べて少し高くなっていました。
結果、人口7万人の町が3年半で2万3千人減りました。
が、除染業者・高速道路や土地関係の土木業者が6~7千人居住し、人口実数は5万5千人ほどになるとの話でした。
歳入歳出は2010年はそれぞれ293,9億・277.4億円でしたが、2014年はそれぞれ794,7億円(現実には・900億円近い数字になりそうの説明あり)・664,6億円と震災が遭ったために約3倍になっています。

これだけでも交通量の多いのが統計から解ります。それだけでなく、昨日に署名お願いをした避難勧奨解除が進められているのが事実として着々と進んでいるのがしっかり分かります。
昼間のファミレスは工事関係者ではない住民の人達が友人同士、家族同士で混んでいました。
市立の保育所は未だに閉園されていますが、私立の保育所(市内3ヶ所・系列では2つの保育所)の園児は増加の傾向にあります。
避難勧奨解除地区ではない南相馬市原町区某所で年配の方に「このあたりにお子さんはいるのでしょうか?」と聞いたところ、「ここにいるわけがない」とキッパリと応えたのが印象に残りました。若い人に働き口を聞くと「選ばなければ仕事は沢山あるし、時給も他より高い」との話でした。
一時は工事関係者ばかりの索莫とした雰囲気があったのですが、その雰囲気はなくなりつつあるかもしれません。ただ、連れ合いがホテルのお風呂場から戻ってきて開口一番、「今日は刺青をした2人と一緒だった。風呂場で初めて見たよ」と。わけが分からなくなりました。
以上、南相馬について纏まりませんが、思いつくままお知らせします。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。