福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもたちを守りたい! 10月24日(金)国会前集会での交流より

10月24日(金) 脱原発 国会前集会で福島バッジプロジェクトの活動を行いました。
リピーターでご協力して下さった方々をはじめとして、多くの方々が足を止めてバッジカンパへご支援くださいました。ありがとうございました。

声をかけてくださる方々と少しの時間ですが「立ち話 交流」ができました。
福島の現実に対して怒り続け、福島の子どもたちを心配する言葉が寄せられました。

「福島県知事選挙は盛り上がるところなのに、全然、様子が伝わってこないね。どうしたの?」
「(福島出身だけれど)知事選挙も脱原発も、福島の人は、おとなしすぎるように感じるね」
「東京の電気は全て福島原発で作ったものなのだから、福島の人は堂々と怒ってよいんですよ。」
「福島の自然が好きで、関東と福島を行ったり来たりして過ごしてきた。3.11で気落ちしましたよ。川岸で放射線量の高い所にベンチがあって、そこで子どもたちが遊んでいた。これは危ない。役場へ撤去するように話し続けて、3年かかりました。(原動力は)子どもが危ない、怒りです! 」
「子どもたちが心配なんですよ」

脱原発運動では、各地で「福島の子どもの保養活動」を支えている方と、よくお会いします。
今回は2つの地域を応援している人に出会いました。
沖縄と東京都世田谷区のプロジェクトです。
沖縄を応援している方 「子どもたちが沖縄で伸びやかに遊んでいるんです。年金から僅かですがカンパしています。」
世田谷区で支援している方 「(私:3年半も長く活動を続けられているのですね。どうしてですか?)黙っているのは「Yes」の意思表示、と聞いたことがあるのです。私は「Yes」ではない。だから行動を続けているのです。子どもたちが大切です」

大切な言葉の数々。ありがとうございました。

また、今回は3人のサポーターさんが手伝って下さいました。お疲れ様、ありがとうございました。

(サポーターM)
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。