福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で甲状腺がんの訴訟が勝利

アメリカのカリフォルニアで毎月11日に福島を思い出してもらいたいと
脱原発行動をされている方からのメールで知ったニュース、
韓国で甲状腺がんの訴訟が勝利
福島であんなに酷い事故が起きたのに眠っているような福島と日本。
ヨーロッパだけでなく、台湾でも韓国でもアメリカでも一部であっても原発を
止める事が出来るのに、私たちは止める事はおろか、自分の意思を人に伝える
事さえしようとしないのでしょうか?私達の命がかかり、子ども達の未来が
かかっていても、「私に関係ナイ」と考えるのでしょうか?
メールをそのまま転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原発のメーカーが免責されるのはおかしいとGE、日立,三菱等を相手取って
訴訟を起こしてるメーカー訴訟団の団長崔勝久さんは国際連帯運動を築こう
とフィリピン、韓国を回っていますがその韓国では、甲状腺がんは原発側の
責任であるという判決が下されました。
 日本での福井地裁の画期的な再稼動差し止め判決の後,韓国での判決
のように、しっかりと原発側の責任を問う判決が次々に下される事を願って
止みません。
103人もの甲状腺がんを子供たちに背負わせて、福島事故とは関係はない
と言っている日本政府の態度には怒りをたぎらせなければいけません。

以下は訴訟団グループからの転送です。
以下記事です。
昨年にソウル大学が20年ほどの全地域を対象にした疫学調査をして
2.5倍の発生率を発表しました。シンポでは データーが不備とかの批判も
あったと聞きましたが、裁判所が認定したことはすごいことです。霊光での多発
から農民組合指導者が依頼したのが疫学調査の始まりと聞いています。

◆(朝鮮日報日本語版) 原発周辺住民が甲状腺がん発症、原発側に賠償命令
原子力発電所の近くに住んでいて甲状腺がんを発症した住民に対し、
原発側が賠償する責任があるという判決が下った。

釜山東部地裁民事2部(チェ・ホシク裁判長)は、釜山市機張郡に住む
女性(48)が 甲状腺がんを発症したことについて、原発の責任が一部認め
られるとし、 原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)=韓国電力公社の
子会社=が 女性に慰謝料1500万ウォン(約151万円)を支払うよう命じる
判決を下した。

地裁は判決理由について「原発から5キロ以内に住む女性の甲状腺がん
発症率が、 30キロ以上離れた地域に比べ2.5倍に達するなど、甲状腺がんの
発症は放射線に さらされていることが決定的な要因となっていることが
知られている。

原告は原発の近くに住んでいて、原発から発生する放射線に長期間さらされた
ことにより、 甲状腺がんを発症したものと考えられる」と述べた。
機張郡にある古里原発から7.6キロほど離れた所で20年近く暮らしてきた
原告の女性は、 2012年2月に甲状腺がんの診断を受け、韓水原を相手取り
2億ウォン(約2000万円)の 損害賠償を求める訴訟を起こしていた。

朝鮮日報日本語版 2014年10月18日(土)10時13分
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。