福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月11日「IAEAはチェルノブイリで何をしたか?」福島での講演会のお知らせ

代表から短いメールが来ました。「菜種計りました。151ベクレルでした。
昨年は300ベクレルでしたから半減ですが。菜花はやはり吸着しますね。」
こういうメールには心が引き締まります。バッジの模様の菜の花に心を寄せ
「頑張って!」と思います。
さて、10月11日福島市で行われる講演会
「IAEAはチェルノブイリで何をしたか?」を転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フクシマ・アクション・プロジェクト学習会
「IAEAはチェルノブイリで何をしたか?」
~フランスからゲストを迎えて~
IAEAと福島県は、2012年12月15日、「放射線モニタリング及び除染の分野に
おける協力覚書」を締結しました。福島県内は放射線研究の拠点となり、
現在、三春町に「福島県環境創造センター」の建設が進められてます。
センター完成の暁には、福島県内すべての小学5年生が授業の一環として
一度は訪れて、放射線教育を受けることになり、教育上、非常に重要な施設
に位置付けられています。
この動きにフクシマ・アクション・プロジェクト(FAP)は注目してまいりました。
福島でこれから何が起ころうとしているのか、チェルノブイリの先例から
学びませんか。フランスから専門家を招いて学習会を開催します。
みなさま、お集まりください。
日時: 10月11日13:30~16:00 (開場 13:00)
場所: 福島市市民会館 第2ホール
内容: イヴ・ルノワールさんの講演
    (「チェルノブイリ・ベラルーシの子どもたち」会長)
    竹内雅文さんからのお話
    FAPから福島県環境創造センターについての報告
主催: フクシマ・アクション・プロジェクト(FAP)
    TEL 080-5563-4516、FAX 024-535-0909
    WEBサイト http://fukushimaaction.com/
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。