福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月23日さようなら原発大集会での福島バッジプロジェクトブースについて

4日遅れとなってしまいましたが、9月23日の「さようなら原発大集会」での
福島バッジプロジェクトのブースの報告をいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夏のような暑い9月23日でした。
会場はあふれんばかりの人達でいっぱいになりました。ブースから離れる事
は出来ませんでしたが、パッと見た感じは1万5千人はいるように見えました。
申し訳ありませんが、全体を見る、ステージからのメッセージを聴く事もとうとう
出来ずに終わりました。ブースの店構えだけでも写真を撮りたかったのですが、
ガラケー携帯を取り出す余裕もなく、チラシ配りとご挨拶に追われたまま集会
が終わり、写真もやっと自宅で撮影。集会そのものの報告を書けません。
事前に連絡頂いた方で来られない方もいらっしゃったのですが、多分
あまりにもの人混みでブースが見つけられなかったのではと推察します。
福島バッジプロジェクトはサポーターさん達にお手伝いをしていただき、ブース
を開店しました。バッジの支援を呼びかけるだけでなく、多くの方に福島の方と
話をしたり、脱原発の情報を交換したりする場を提供させていただきました。
ブースの前にはパネルとして、以下を準備し、福島の実情を紹介しました。
<パネルの内容>
1)福島バッジプロジェクト代表の丹治博志の写真(大阪で春に開かれた
「福島可視化展」に出品した写真から今年4月に撮影された写真・福島市
渡利自宅近辺と花見山)にフクシマン・マサさんの花見山の文章を参考に。
丹治さん写真①
140925_2021~01
2)2014年・第17回日本自費出版文化賞受賞されたあらおしゅんすけさんの
詩集「安達太良あおいの空」より詩「ボクたちの世界」「哀しみのタネ」の2つ。
140925_2018~01
3)二本松の関久雄さんの詩「ただ、一緒に泣く」。
ただ一緒に泣くか
4)プロジェクトの活動の一端として、自治体などの公的機関でバッジを置いて
ある場所などの一覧表(自治体の様々な事情を鑑みて撮影は遠慮して
いただき、写真全体像はぼやけさせました。)
140925_2015~01
140925_2346~01 (2)
*詩は後半に掲載しています。
テントの後ろでは机と椅子を用意し、来られた方々がお茶とお菓子で懇談
出来る場にし、福島在住の方と話が出来るようにしました。福島の仲間の
体調が悪く、来れませんでしたが、幸いな事に震災後に知り合った在福島の
友達Aさんが駆けつけてくれ、彼女がたくさんの方と話をされ、また
インタビューも受けました。ブース内を手伝ってくださったサポーターさんから、
「福島の人と直接話したい、という人が多かったです。Aさんは10時半に
ブースに来て下さったのですが、到着早々からデモ出発の15時頃まで、
ずっと、応対続きでした。」という報告がありました。
二本松の関久雄さん、郡山市のフクシマン・マサさんが忙しい中、寄って
くださいました。ありがとうございます。
反省点は沢山ありますが、一番残念だった反省点は、掛け声は「お互いに
コミュニケーションをとりましょう、福島の人と話をしましょう」だったのに、
ブース内外共に忙しく、手伝いをしてくださったサポーターさん同士や、
駆けつけてくださったAさんとのおしゃべりが物理的に出来なかった事です。
お手伝いくださったサポーターさん達からもそのような感想をいただきました。
帰り際、サポーターさんと「いつかオフ会をして思う存分おしゃべりする機会を
持ちたいですね。」となりました。

*2)あらおしゅんすけさんの詩 2編
哀しみのタネ
俺、キューリの代わりに太陽電池植えたんだ
おれは雑草のび放題だ
オレの豆畑はアパート畑にしたぞ
俺はネギ作ってるが力入らねぇ
おれ、今年はコスモス畑にするんだ

あれから3年、俺たちの畑も変わりつつある
安心して食べてもらえる作物が作れなくなって
俺たちは大好きな百姓暮しができなくなってしまった
原発は哀しみの種をばらまいたんだ
せめて夢のような花を咲かせようか


  ボクたちの世界僕たちは不条理の大海を漂っている
放射能を吸い食べながら
子供たちも放射能にまみれた土に遊び
放射能放射能放射能の大海にいる

ガンや白血病や心臓病で死んでも
“事故”との因果関係は考えられないと
電力会社と国は責任をとろうとしない
足尾広島長崎水俣と同じ大海

安全神話で電力にからめ捕られた僕たち
僕たちはしっかりと目を開けて
おぼれかけている同胞と声をかけあい
後に続く人々に語り続けよう
安全神話の泥舟に身を委ね
安易に続けた航海だが
心までは売り渡さずに
不条理の海で泳ぎ続けよう

*3)関久雄さんの詩
「ただ 一緒に 泣くか」 
 
関久雄(二本松在)           
        2014年4月29日

フクシマの人は 風呂に入って 
着替えてから 来て
福島から来たの? キタナイ! 
と言われ
泣いて 浴場から帰ってきた 
子どもたちよ

北海道の 保養所は 線量上げないために と 
入る前に 着替え 渡されるんだって
うーん 悩ましい でも 
放射能 くっついてるのは 事実だからね
セキさん こんな時に 何て 返したらいい
こどもにも そんなこと言う おとなにも
うーん

そったら 保養なんかさ 行かねえ
東京だって あんたらだって 汚染されてんだぞい
おめさん 服 買ってくれんのか
おらたち 檻の中さ 
閉じ込めておきてえのか
国と 東電の せいだべしさ
好きで こったに なったんでねえぞい

込み上げる ドロドロの 想いを
ゴックンと 飲み込んで

福島で ヒバクしました
髪の毛にも 服にも カラダにも 
放射能 くっついて 洗っても 落ちません
それでも わたしも 子どもたちも
何とか 生きてゆきたいのです と 

ただ ただ 一緒に 泣くか 
*あらおしゅんすけさんの詩「ボクたちの世界」「哀しみのタネ」の2つ。
  ボクたちの世界
僕たちは不条理の大海を漂っている
放射能を吸い食べながら
子供たちも放射能にまみれた土に遊び
放射能放射能放射能の大海にいる

ガンや白血病や心臓病で死んでも
“事故”との因果関係は考えられないと
電力会社と国は責任をとろうとしない
足尾広島長崎水俣と同じ大海

安全神話で電力にからめ捕られた僕たち
僕たちはしっかりと目を開けて
おぼれかけている同胞と声をかけあい
後に続く人々に語り続けよう
安全神話の泥舟に身を委ね
安易に続けた航海だが
心までは売り渡さずに
不条理の海で泳ぎ続けよう

 哀しみのタネ
俺、キューリの代わりに太陽電池植えたんだ
おれは雑草のび放題だ
オレの豆畑はアパート畑にしたぞ
俺はネギ作ってるが力入らねぇ
おれ、今年はコスモス畑にするんだ

あれから3年、俺たちの畑も変わりつつある
安心して食べてもらえる作物が作れなくなって
俺たちは大好きな百姓暮しができなくなってしまった
原発は哀しみの種をばらまいたんだ
せめて夢のような花を咲かせようか

*関久雄さんの詩「ただ 一緒に 泣くか」

「ただ 一緒に 泣くか」  
フクシマの人は 風呂に入って 
着替えてから 来て
福島から来たの? キタナイ! 
と言われ
泣いて 浴場から帰ってきた 
子どもたちよ

北海道の 保養所は 線量上げないために と 
入る前に 着替え 渡されるんだって
うーん 悩ましい でも 
放射能 くっついてるのは 事実だからね
セキさん こんな時に 何て 返したらいい
こどもにも そんなこと言う おとなにも
うーん

そったら 保養なんかさ 行かねえ
東京だって あんたらだって 汚染されてんだぞい
おめさん 服 買ってくれんのか
おらたち 檻の中さ 
閉じ込めておきてえのか
国と 東電の せいだべしさ
好きで こったに なったんでねえぞい

込み上げる ドロドロの 想いを
ゴックンと 飲み込んで

福島で ヒバクしました
髪の毛にも 服にも カラダにも 
放射能 くっついて 洗っても 落ちません
それでも わたしも 子どもたちも
何とか 生きてゆきたいのです と 

ただ ただ 一緒に 泣くか 
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。