福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月30日上映会「遺言」・・原発さえなければ・・東村山中央公民館にて

遺言チラシ
8月22日です。
来週の8月30日に行われる映画上映会のお知らせです。
多くの方に観て頂きたい映画で、料金も有難いです。
映画 : 「遺言」・・原発さえなければ
日時 : 8月30日(土)午後1時15分~午後17時30分(途中休憩1回あり) 
会場 : 東村山中央公民館ホール(西武線東村山駅東口より徒歩1分)
      (ヨーカドーの隣)
アクセス 
*電車 :JRでお越しの際は、中央線国分寺駅より西武国分寺線で約14分
       で西武線東村山駅に着きます。 
*車 : 駐車場はありません。お車でお越しの際は近くのコインパーキング
       等をご利用ください。
チケット:前売・当日ともに999円(学生500円)ですが、前売りにはささやかな
      特典が付きます。
オープニングは豊田直巳監督のトークです。
以下に主催者の方の解説であり上映会に対する想いをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・オフィシャルホームページの作品解説URL
http://yuigon-fukushima.com/introduction/
原発事故により日常を非日常へと変えられてしまった人々がいます。
「遺言」は、今までの生活を奪われた人々の苦しみや葛藤を
繊細に記録した貴重な映画です。
この作品をとおして福島の方たちの深い苦しみが
多くの方に理解されますように。
そして真実を受け止め、本当の復興へ向かい
皆で手を取り合える社会に変われますように。
映画「遺言 原発さえなければ」を上映する会@東村山 
共同代表 森原 一彦
・・・・・・・・・・・・
以下、上映会フライヤーからの一部コピーです。
映画「遺言」・・原発さえなければ
福島の3年間ー消せない記憶のものがたり
福島を描いたドキュメンタリー映画の決定版
3時間45分・・・800日間の記録
苦しみを乗り越えて新たな挑戦が始まる

2011年3月12日・・・福島第一原発事故の現場に駆けつけた
フォトジャーナリスト二人はいち早く撮影開始。以来2013年4月まで
その土地の人々とともに過ごした日々を記録し続けた。絶望の淵からの
試行錯誤、もがきの中で気づいた家族、仲間、奪われた故郷への思い、
そして見えてきた本当に守るべきものの存在・・・
3年にわたり記録された250時間の映像が、3.11以後の今を生きる私たちに
問いかけるものとはーーー
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。