福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての原発を世界遺産に

8月14日です。
8月6日のブログに掲載した手作りチラシの方は以下のようなブログを
作成しています。
「すべての原発を世界遺産に」 (日本全国・原発立地観光ツアーガイド)です。
http://genpatsu4sekaiisan.wordpress.com
大変にユニークでキラキラしたブログです。内容は、
・About
・なぜ、原発は世界遺産にふさわしいのか。
・原発立地、観光地としての魅力。
・弊社の業務内容
・お知らせ
・伊方原発・視察日記
など、読み応えのあるブログです。お時間のある方は訪問してください。
以下はAboutとロビー活動の内容をコピーしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
About
Japan Travel Burning 日本炎上旅行社は、反原発の立場から、
原子力発電所および原発立地の、観光地としての魅力を(勝手に)発信し、
原発に頼らない自治体作りを(横から)推進し、最終的には、国内のすべての
原発の世界遺産登録を(無断で)目標としております。
弊社は現在、実際のツアー事業は行っておりません。本サイトにおいて、
皆様に原発観光の情報やコースプランをご提案する業態です。
弊社と申してはおりますが、実はCEOこと私イケガミが個人的に
運営・視察・執筆しておりますので、実は単なる旅ブログというわけです。

Japan Travel Burning/CEO(チーフ・エンソク・オペレーター)イケガミアツコ

ロビー活動

==祝==
東京五輪、ではなく、原発稼動ゼロ、でもなく、「明治日本の産業革命遺産
/九州・山口と関連地域」の、世界遺産推薦国内枠獲得。

ここからの道のりは長く、途中で内容の変更や、延期、最悪、取り下げも
あり得るのだが、ともかく、文化庁・日本ユネスコ協会が、産業遺産の価値を
認めたことは「すべての原発を世界遺産に」するための、大きな前進である。
また、このたびの推薦は、これまで候補であった筑豊や宇部などの西日本
に加え、岩手も含まれるなど、かつてない地域縦断である。北は泊から、
南は川内まで、日本中に立地する原発のセット推薦は可能だということだ。

弊社は、この機会に文化庁の英断をうながすべく、と、いうか、少し彼らの
センスを揺さぶろう、というか、やや嫌味というか、ともかく文化庁前に
プラカードを持って、立ってみた。外なので、まだまだロビー活動ではないが。
写真ではわかりづらいが「応援しています、「明治日本の産業革命遺産」
世界遺産登録。そして「昭和日本の負の産業遺産」も推薦おねがいします。」
と書いてある。

金曜6時。経産省や外務省と違って、けっこう多くの職員が普通に退勤していく。
ロビー活動であるから、弊社は「お疲れさまです」と、明るく声をかけてみること
にした。1時間弱立って、ちょっとびっくりしたように見る人が1割。会釈を返して
くれた人は3人。ニッポンの道徳教育はどうなっているんだ。
あと、以前から思っていたが、看板の字がへただ。

ところで、同じ建物に文部科学省があるため、この正面口には「座る人」がいる。
朝鮮学校を無償化から除外することに反対し、毎日座り込んでいる若者の
ことである。ひとりでやっている、と「田中龍作ジャーナル」で読んだのだが、
この日は5~6人で楽しくやっていた。

彼らほどのガッツと真剣みがなくて、申し訳ないが、弊社はそれなりに本気
なので、あと二週、金曜日に、この活動を続けようと思う。

そうはいっても線量も心配だ。どうして伊方より高いのか
(周辺では経産省前がホットスポットとして有名)。


スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。