福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県郡山市の空手先生奮闘記 ・・・1239日目のメッセージ

9月5日です。
ネットで多くの方が様々な分野で情報を、考えを書いてくださっています。
物知りで文章が達者で、考えも深く、「なるほど」と思う事ばかり。
ここ、福島にも実践者がいます。いつも勇気づけられています。
おかしいですね、ずうっと年が上の私が勇気づけられているのって。
私自身の心が幼すぎるからだと思いますが、素直に耳を傾けて生きたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://ameblo.jp/4493/entry-11903568616.html?frm_src=favoritemail
2014-08-03 07:45:46
1239日目
テーマ:空手観、人生観
おはようございます。
今日で震災から1239日目です。

「疑わずに最初の一段を登りなさい。階段のすべて見えなくてもいい。とにかく
最初の一歩を踏み出すのです。」キング牧師
私は一歩踏み出すことの重要性をここで述べ続けていますが、一歩踏み出す
ことが出来ない人間に多いのが、自分にとっての安心・安全が確約
されなければ動かないというその姿勢です。
それ自体はその人間の性格、人間力ですから別に構わないのですが、
そういう後塵を拝するタイプの人間に限って、後で必ず口がデカくなり
「あの時やっておけばよかったな~」、
「あの時やるつもりだったんだよ!」等と、一歩前に踏み出すことを躊躇し、
ビビって顔色を変えていた時とは全然違うような勢いで、一歩踏み出すことを
勧めていた私に自信満々に語って来るのです。
そういうのを「ヤレヤレ…またか…f^_^;」という気持ちでいつも聞いていたり
します。

最初の一歩を踏み出せない人間には二歩目は永遠にありません。
一歩出るか?出ないか?を「迷う」ということは、心惹かれるものがあるから
]迷うのです。心惹かれたということは、それも一つの「機」なのです。
私たちは、機に発し感に敏でならなければならないと教えられて来ました。
「機」を前にして尻込みしているようでは、自分に廻ってきたチャンスを自分で
潰しているようなものです。それを納得して尻込みするならば何も言いませんが、
機を自らの意思でスルーしたのならば、後で偉そうな口を叩くな!って思います。
何事においてもリスクのないものはありません。
リスクと未来を天秤にかけてリスクが大き過ぎるなら回避すればいいだけで、
後々「あの時は…」等と回顧しなければいいだけです。
大きな未来を手に入れる為には大きなリスクが伴うものです。
それを理解して受け入れることが出来れば、一歩踏み出すことを厭わなく
なるのではないでしょうか。
チャンスはいつでも自分の周りに転がっているはずです。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。