福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島で国と東電の責任を問う民事裁判・・・・生業訴訟(なりわいそしょう)

あらおしゅんすけさんの「札幌たより No88 福島と水俣」より抜粋して、
福島で行われている「生業訴訟」部分を転載いたします。
これは国と東電の責任を問う民事裁判で、2014年9月の最終提訴に向けて、
原告を募集中です。
原告の資格を持っていらっしゃる方、原告になっていただけませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://blog.goo.ne.jp/arao-311/m/201407
「生業訴訟(なりわいそしょう)」について
スローガン 「生業を返せ、地域を返せ!福島原発訴訟」


① 2013年3月に原告団結成。
・原告は福島県を中心にして2014年6月には全国に約2600人になっている。
(事故当時、福島県、宮城県、山形県、栃木県、茨城県に居住していた
人たちはだれでも参加できる)
・弁護団は全国の公害訴訟などの取り組んできた約70人の弁護士が結集
・日本では現在17の原発裁判を闘っているが、その中で原告数最大の
訴訟団
・2014年6月までに福島地裁で6回の口頭弁論が開かれた。

② この裁判は、国と東電の責任を問う民事裁判である。そのねらいは
 イ)原発のない元の地域にもどす(それまで月5万円の慰謝料を求める)
 ロ)②それぞれの被害に見合った被災者救済を求める
 ハ)③被害を繰り返さないために脱原発を求める
・「人の命より経済活動を優先させる国や企業の在り方」を問う 
・この事件は公害である。二度と公害を起こさない社会をつくる

③ 2014年9月の最終提訴に向けてさらに原告を募り、裁判所が動くという
原告5000人を越して1万人に迫る活動を目指して取り組んでいる
・避難した人たちの為にも、地元(福島)が危ない環境であることを
認めさせる。
    
④ 現在2014年9月の最終提訴に向けて仲間(原告)募集中。
(連絡先は下記の通り)
「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発事故被害弁護団連絡先
  代々木総合法律事務所  TEL 03―3379―6770
   安田法律事務所     TEL 024―534―0009
   * ネットでは「生業訴訟」などのキーワードで知ることができる。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。