福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人生二毛作の田舎暮らし」さんから福島原発訴訟裁判傍聴を転載します

福島県に住む「人生二毛作の田舎暮らし」さんのブログから
福島原発訴訟裁判傍聴の記録を転載します。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/archive/201407-1人生二毛作の田舎暮らし
安達太良山の中腹で”人生二毛作の田舎暮らし"を開始。『ダーチャ村』を
拠点に地域づくりを推進中。3.11以降は原子力の欺瞞を暴き、
脱原発・卒原発、ふくしまの再生をも目指す。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島原発訴訟裁判傍聴

生業を返せ!地域を返せ!
福島原発訴訟の第7回裁判が開催された。
原告約200名が集会を開催した後, 福島地方裁判所までデモ行進・・・
抽選に当たり初めて裁判を傍聴・・

宮城県の女性の意見陳述があり,夫の自死は原発の影響があった事
宮城県は被害が認められていない事,再稼働は認められ事
被害を償うべき事等訴えた・・・

原告側の弁護士からは多くの意見が述べられたが,
被告側の国・東電からは殆ど発言がない・・・
弁護士20名程度が被告側席についた
これらの費用はすべて電気料金や国費!
国・東電はだんまり作戦といった, 被害者を愚弄する卑劣極まりない対応!

第7回期までに国・東電の主張や対応は以下
①新味はなく自己正当化を繰り返す国、いつまでも過失は不要としつこい東電
②原子力損害賠償法は特別なので、一般の損害賠償に用いられる
 民法が適用されないと述べた上で
  中間指針などの内容は合理性で相当なので、慰謝料の額の算定でも
  一般の民法のように過失を考慮する必要はないと東電
③原告らが東電に2倍で津波高さの評価を行うよう
  指示した事があるか否か明確にするよう求めたが
『積極的に争うものではない』 『資料が見当たらない』と無責任な回答の国。

福島原発訴訟の詳細は以下ご覧ください
http://www.nariwaisoshou.jp/
原告が更に増る事を期待したい・・・
全国のみなさんからのご支援もお願いいたします。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。