福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総も頑張っている・・映画上映「標的の村」

全国のニュースから黙殺されたドキュメント、「標的の村」が映画化され全国で
上映されていますが、私の住む房総半島でも、上映されると聞いて、嬉しく
思いました。
房総半島からいつも東京に行くとき、同じ地域から一緒に行く人がいたらなあと
思っていましたが、最近ひょんなところから、知り合いが日比谷公園に出かけた
とか、ばったり国会前で会って「なんで此処にいるの!」と同時に聞くとか、
そういう事もあるようになりました。それだけ多くの人が今の日本の情況に
心痛めているのでしょう。が、考えようによっては私の意思表示が足りなかった
のかもしれません。まずは周りの人と繋がろうと反省を込めてお知らせします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月29日(日) 南房総市三芳農村環境改善センター大会議室
① 午前10時~ ② 午後 2時~の2回上映。
前売り1000円(当日1300円)、但し高校生500円、中学生以下は無料。

以下は、あらすじです。
・・・日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。5年前、
新型輸送機「オスプレイ」着陸帯建設に反対し座り込んだ東村(ひがしそん)・
高江の住民を国は「通行妨害」で訴えた。
反対運動を委縮させるSLAPP裁判だ。
わがもの顔で飛び回る米軍のヘリ。自分たちは「標的」なのかと憤る住民たちに、
かつてベトナム戦争時に造られたベトナム村の記憶がよみがえる。10万人が
結集した県民大会の直後、日本政府は電話一本で県に「オスプレイ」配備を通達。
そして、ついに沖縄の怒りが爆発した。

2012年9月29日、強硬配備前夜。
台風17号の暴風の中、人々はアメリカ軍普天間基地ゲート前に身を投げ出し、
車を並べ、22時間にわたってこれを完全封鎖したのだ。この前代未聞の出来事
の一部始終を地元テレビ局・琉球朝日放送の報道クルーたちが記録していた。
真っ先に座り込んだのは、あの沖縄戦や米軍統治下の苦しみを知る老人たち
だった。強制排除に乗り出した警察との激しい衝突。闘いの最中に響く、歌。
駆け付けたジャーナリストさえもが排除されていく。そんな日本人同士の争いを
見下ろ
す若い米兵たち……。

本作があぶりだそうとするのは、さらにその向こうにいる何者かだ。
復帰後40年経ってなお切りひろげられる沖縄の傷。沖縄の人々は一体誰と
戦っているのか。抵抗むなしく、絶望する大人たちの傍らで11才の少女が言う。
「お父さんとお母さんが頑張れなくなったら、私が引き継いでいく。私は高江を
あきらめない」。
奪われた土地と海と空と引き換えに、私たち日本人は何を欲しているのか?
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。