福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島市で開催されたベラルーシ共和国大使講演についての福島県人の報告①

6月14日に福島市で開催された行われたベラルーシ共和国大使講演会に
福島の仲間が参加しました。バッジをお渡しする事が出来、大変に嬉しいです。
仲間のレポートです。お読みください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベラルーシ共和国大使講演会に参加しました。講師はセルゲイ・ラフマノフ氏。
大使は講演中「早く正確な汚染地図を作る事が重要だ。」と繰り返し
話されました。ベラルーシでは当時、一点を計測するのに2~3日かかり
汚染地図が完成するまで8年かかったそうです。
今は2分ほどで一点の計測が出来るそうです。又、大使は「私の知る限りでは、
日本にはまだ正確な汚染地図はない。」「人を安心させることができるのは
言葉ではない、正確な情報だ。」とおっしゃいました。ベラルーシでは事故の
現場から300Km離れた所に高線量の場所があるそうです。
講演会には小林香 福島市長、 金子恵美 前参議院議員も参加されて
いました。バッジ渡しました。金子氏は自分でバッジを取り、すぐに着けて
下さいました。もちろんベラルーシ大使、通訳のプーシキン氏にバッジと英文、
日本文のチラシ渡しました。アヒンサーも参加者に渡しました。
講演会の最後に質疑応答の中で大使が話された事は…
ベラルーシでは新しく原発が建設されているそうです。
「私の個人的な意見ですが、今すぐに原発を止める事が出来なくても将来的に
原発は止めるべきだと考えている。地震、津波、台風のある中で原発を
稼働させている国は他にはありません、日本だけです。」
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。