福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見山(詩とショートエッセイ)

6月12日です。
福島の桃源郷と言われたあらおしゅんすけさんの「花見山」の詩を紹介します。
6月1日に再掲載されたフクシマン・マサさんの福島の花見山の放射能測定の
ドキュメンタリー映画も一緒にご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=_8LlHvNtnzM
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「花見山」 (詩とショートエッセイ)

あの時から3年
5月の福島市花見山
豊かな緑がセシウムの風で揺れる
この春久しぶりでにぎわった山
26万人が花に酔い
ホルミシス効果を味わった山
アジサイまで間があり人影はまばら
健気に育つ梅や桃の実は青く
紺色のショウブが鮮やかに咲く
山道の空間線量0.5から0.8マイクロシーベルト
「ウハッ!放射線管理区域だ!」
木間から西に霞む吾妻山と県都福島市
山麓の渡利では庭にブルーシートの花が咲く
その種はあそこから飛んできた無主物
櫛の歯が抜けるように
自主避難している市民たち
どこにも行きようのない市民たち
鼻に酔った26万人はこの渡利の市民の
心の底を覗いただろうか

2014年5月下旬、全国的に知られた花の名所、福島市の花見山公園を訪ねた。
春の花の盛りが終わり、訪れる人はまばらだった。

この公園は私設で無料開放されているが、福島市の観光の目玉でもある。
原発事故後、この花見山周辺の渡利地区は高放射能のフォールアウトが
あったことはよく知られている。その直後あえてそのことには触れなかった
ようだが、「花木を休めるため」として休園していた。付近の駐車場の
モニタリングポストは0.275、私の手元の線量計は0.27μsvを示した。

そして散策した山路の空間線量は0.5~0.8μsvだった。

園内には過去にここを訪れて花を愛でた多くの人の投句が掲示されている。
「万緑の中に憩いあり花見山」という立派な句碑が小さな池のそばにあった。
昭和42年福島県知事・木村守江と刻んであった。
この人は、福島県の原発推進に深く係わった人として知られている。今、彼が
生きていて私と同じように線量計を携えてこの公園を訪れたら何と言うだろう。

ブログに写真も数枚つけました
      札幌たより (あらおしゅんすけのブログ)
      http://blog.goo.ne.jp/arao-311/d/20140309
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。