福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月1日 官邸・国会前*大抗議に参加しました

6月1日、「川内原発再稼働やめろ」官邸・国会前大行動がありました。
バッジプロジェクトとして、幟持ちを連れ合いにお願いし、他にサポーターさん
がお手伝いに来てくださいました。
抗議行動の感想ですが、初めて来られる方も多く、賑わいをみせました。
が、以前ほどの人出ではありません。国会前に来られる方達は「意思表示」
をしたいと思って来てくださるのが嬉しく思いました。
でも反面、静かに静かに脱原発の活動が潜航していくような気がします。
確実に人々の心の中に「原発は要らない」という確信が芽生えているのに、
「示さない、言わない、動かない」のが一つのスタイルとして定着してきている
ようで悲しいです。それが自分の立ち位置、「私だってちゃんと考えてる!
人間として原発はいけないと思う、福島は大変でなんとかしたい」という
その人なりの思いがある分余計に悲しいです。
「10万人位、来てもらえないかしら」と無理を承知で思います。悠長な事を
考えている時間はないのですが。

先週末に西東京市で行われたデモに参加したのですが、道を歩いてきた
男性が怒って「私も反原発だ。でもあなた方のように感情ではいけない。
だから私は何もしない」と私に言いに来ました。
何故感情的だと思ったのか、何故私だったのか未だに解りませんが、
デモが嫌いなのですね・・でもどうするのでしょうかねえ、あの人は。きっと
意思表示をしたかったのだと思いますが、不器用ですね。
今日も一人福島出身の男性がご夫人と来られたので、バッジをお渡ししよう
としたら、「私はそういう事はしないのですよ、嫌なんですよ」と・・。
夫人は「ねえ、タダなんだから着けて・・」とおっしゃっているにもかかわらず。
関東地方ならそんなに着けにくくないはず・・・。
あまり人の事は言えません、私の姉も「脱原発よ、もちろん!」と言いつつ、
「私、そういうの好きじゃないのよ。」と当たり前のように言います。

先日の100回目の抗議行動に「100回も言わすな!」のプラカードを持って
いらした方がいましたっけ。深く共感しました。ここでやはり頑張りたいです。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。