福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の某MLから・・・森雅子大臣に伝えては?

4月1日です。福島県のSさんの投稿を転載させていただきます。
よく投稿されているSさんのを読んでいると目からウロコがとっても多いのです。
これは県外に避難をされている方へ、地元新聞の記事からを読んでの提案です。
このブログに来られる方の中に避難されている方がいらっしゃるかどうか判りませんが、
その方達にお伝えしたいです。
そして、福島でこうしていつもいつもどうしたら良いか考えて、たくさんの投稿をして
くださって、口数の少ない福島の代弁者としてしなやかに頑張っているSさんと
その背後にいらっしゃる言わない方達の心を皆さんに知っていただきたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
県外に避難されている皆さんへ

昨日31日の民報1面には、自殺者が県内で増えていることを受け、自殺対策を担当する
森雅子大臣が、ほとんど把握されていない県外避難者の自殺の実態調査を早急に実施し、
具体的な対策を早急にすすめると報じられています。
避難者のみなさんの方から直接、森大臣に避難の実態、今の心理状態、今後予想される
心理状態、望まれる国の支援策等を伝えれば、自殺を予防することが出来、
森大臣も助かるのではないでしょうか。(大臣を育てるのは国民の義務かも!)

お手紙でも良し。
電話でも良し。
ファックスでも良し。

森氏は自殺の要因を掘り下げて調べ、効果的な対策をとるそうです。
死人に口無し。例えば「根拠のない不安煽りの口車に乗って、生活のあてもないのに
勝手に避難したあげく、素直に戻れず自殺した」など、都合の良いように
理由付けされないとも限りません。
「森大臣にこのように事例を知らせたら、こんな返事が来た。」など、このMLに流して
いただけると、情報共有が出来、生きる希望も湧いてくるのではないでしょうか。

ちなみに、Sの考える自殺予防対策(本人)は、
イ 親よりも早く死ぬのは、基本的に親不孝であることを知ること。
ロ 生きるのが辛いのは自分だけでなく、みんな辛いのだということを知ること。
ハ せっかく生きているのだから、美味しいものを食べたり、綺麗なものを見たり聴いたり、
やりたいと思っていたことをして、人生を楽しむこと。
周りで出来る自殺予防対策は、
ニ 時々訪問して、なにげなく元気の具合を観察。いつもと違うと感じたら、
「なにかあったでしょう?」と問いかけ、本人の気持ちを吐き出させる。
…気持ちを吐き出させるのは、自殺予防の重要ポイント!!
ホ 離れていても「寂しさ」を感じさせない工夫をする。…「寂しさ」を
感じさせないことは、自殺予防だけでなく、非行防止、学力向上の重要ポイント!!
へ 人生山あり谷あり、苦あれば楽あり、楽あれば苦あり。
人生は修行の場であることを教えておく。
などです。

森大臣の東京事務所は 〒1008962東京都千代田区永田町2の1の1
参議院議員会館924号 電話0365500924 ファックス0365510924です。

伝える際、森大臣は原発事故には当てはまらない広島長崎の原爆被爆者から割り出した
数値100ミリシーベルトで初めて健康被害が出ると学び、かつ、100ベクレルは十分に
低い値だと学んでいらっしゃるようですので、その点、お含みおきください。
ぜひ、皆さんの窮状を森雅子大臣に伝え、みなさんのために働いていただくと、
良い方向に行くと考えます。
S
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。