福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コウナゴのストロンチウム・・・あるMLからBさんのメールを転載

福島のBさんのメールを転載いたします。
こうして、一人一人が福島で頑張っている事をお伝えしたいと思いました。
読んでいて、なんだか切なくなります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Aさんと皆さんへ

コウナゴとシラウオのストロンチウム測定についてですが、Aさんに背中を押していただき、
お陰様で翌日、まず、福島民報で把握しているかもしれないと思い、報道部に
聞いてみました。
不明なので調べてお返事をくださるとのことでしたので、
相馬双葉漁業共同組合に直接電話し、聞いてみました。
国からはセシウムの簡易測定器しかきていないので、ストロンチウムは測っていないし、
県と国からはストロンチウムについては連絡がないとのこと。
測定器を漁協で購入する余裕はないことをお聞きしました。
そこで、セシウムは摂り続けなければ体から無くなるけれど、ストロンチウムは骨に
取り込まれると一生そこからβ線を出し続け、白血病の誘因になることも考えられること、
ストロンチウム値が高いのを知らずに食べて、漁師の方々に白血病が増えてしまうことの
ないように、また、一消費者としては、ストロンチウム値が震災前と同じ値であれば、
安心して購入できること、分からないと手が出せないこと、ベラルーシでは、国が
ストロンチウムの測定をしていて、高めになった食べ物は燃料等、他に活用している
ことなど、お伝えしました。

いわき市漁業共同組合にも同様にお伝えしました。

福島県農林水産部にもお電話いたしました。

県民の健康に関わることであるにも関わらず、いわきと相馬のシラウオ、コウナゴの
ストロンチウム測定はされていませんでした。
国の、食品のセシウムの基準値はストロンチウムもプルトニウムも考慮された値なので、
セシウムだけ測れば良いというご認識でした。
「計算上」ではなく、実測値が真実であること、実測することが県民の健康を守ることに
なるので、よろしくお願いします。と、お伝えしました。

その後、民報の担当の方からお返事があったので、ストロンチウム値を東電は2年半も
過小評価していて、原因は測定方法が間違っていたためと先月民報新聞に報じられていた
わけで、ぜひ、新聞でも、ストロンチウムの測定と公表を働きかけてほしいと伝えました。

この要望の声が大きくなれば、実現すると考えます。

ぜひ、皆さんの身近な議員さん、福島県農林水産部他、関係部署に、皆さんからも
直接要望をお伝えいただければ幸いです。

「計算」のまやかしで福島県民が誤魔化されてはいけません! と、強く訴えてください!!

ストロンチウムはカルシウムとよく似ているので骨に取り込まれ、体への影響度が強い
β線を出し続けるこ とは、原子力の関係者なら誰でも知っていることです。

東電がストロンチウム値を当初過小評価したのも、
ベラルーシのようにしょっちゅう測らないのも、
セシウムだけ測って、計算上ストロンチウムも入っていると説明しているのも、
危険性を認識しているからこその誤魔化しのように感じます。

今なら健康被害を未然に防ぐことができます。

皆さん宜しくお願いします。
B
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。