福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「100ベクレルの基準受け入れられぬ30%」  厚労省日報ダイジェスト

フクシマン・マサさんの厚労省日報ダイジェスト福島県版821号を掲載いたします。
豊かな食材の宝庫であった福島が、今このような100ベクレルという食品基準の中で
暮らしている事は本当に苦しい事です。
私は福島に出かける時は少し野菜を持っていく事が多いです。今はお土産の定番です。
農家だった或る人は「爆発前ならお返しはたくさん渡せたのに・・・」と悲しい顔をした事、
高校生が「一生福島のお米と野菜を食べて福島で生きる」と誇らしげに言った時の私の衝撃、
「そうよねえ、でも他に食べるものないのよ。少しでも遠いのをと選んでいるんだけれど。
やっぱり食べちゃいけないのよね。」の言葉に言うんじゃなかったと後悔した事。
お米農家の「皆作って売ってるけれど、自分達が食べるのは買っている。」という言葉に
「ホント?」と思わず聞きなおした事。昨年秋~冬にかけて直接に聞いた言葉です。

細かい活字を拾い出して日報を出されているフクシマン・マサさんの心を抱きしめたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
県内の食品の放射能汚染について、県内の消費者がどう思っているかのアンケートに
よれば、(県消費者団体連絡協議会発表)食品基準値(100Bq/kg)以内の食品でも、
ガン発症のリスクが高まる可能性があり、「受け入れられない」と回答した割合は、
30%にのぼり、「県外産と外国産を購入する」と回答した割合は、32%にのぼることが
明らかになりました。

前回調査に比べれば、心配している人の割合が大幅に減少しているものの、未だに
3人に1人という非常に多くの消費者が、放射能の食品汚染に不安を感じている実態が
浮き彫りとなった形です。

県内の新聞各社などの報道では、「福島県産の食料品を最も多く購入する」と回答した人の
割合が、67%と、前回調査の46%にくらべ大幅に上昇し、基準値以内の食品であれば、
喫煙など他の発ガン性要因よりリスクは低く、検査を経て流通しているから
「受け入れられる」と回答した人も、38%と上昇傾向にあることを、大きな見出しで
報じていましたが、国は、3人に1人という非常に多くの消費者が、放射能の食品汚染に
不安を感じている事実を忘れずに、放射能が入っている食品を流通させないための、
より一層の努力を、行なってほしいと思います。

ちなみに、厚労省の「食品中の放射性物質の検査結果について」によれば、
平成26年2月7日(金)。この日、福島県では、
キノコ類3点(原木シイタケ・菌床シイタケ・菌床キクラゲ)(中通り・浜通り地方)の
検査が行われ、1点より、3.8Bq/kg(原木シイタケ:相馬市)の放射性セシウムの検出の
報告がありました。
《その他の、放射性セシウムが検出された食品》
フキノトウ3点中「2点」4.9~5.1Bq/kg(大玉村)
《検出下限値以下の食品》(<Ge8.1~19Bq/kg以下)
キノコ類3点中「2点」(菌床シイタケ・菌床キクラゲ)(中通り地方)
フキノトウ3点中「1点」(会津地方)
野菜類3点(大根・ホウレン草)(中通り地方)
牛肉34点(中通り・浜通り地方)

※ダイジェストの詳細に関しては、厚労省の「食品中の放射性物質の検査結果について」を
参照してみてください。
参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000036924.html
※Geはゲルマニウム半導体検出器を用いた核種分析法の略
※アドレスは配信専用のアカウントです。みなさまからのご意見、ご質問は
masa219koro@yahoo.co.jpへお願いいたします。
※過去のダイジェストが見たい方は、こちらへ…
「フクシマンの福島リポート」http://ameblo.jp/masa219koro/
(アメブロにアドレスから入れない方は、タイトル検索してみて下さい)

(福島県郡山市 フクシマン・マサ)

スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。