福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの財団が福島のため1月30日ライブ放送します・拡散大歓迎

興味深い情報を掲載します。
このライブ情報を福島だけでなく、日本全国多くの農業を営む方に見ていただきたいです。
多分これから先、日本の農地の汚染がどんどん拡がっていくと思います。
また、発電機の情報も共有していきたいです。読んだ方、情報を拡散してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子ども福島ネット事務局です。下記情報を頂きました。
イタリアのケッシイ財団が、財団が開発した除染方法を、直接、日本の市民に、特に
福島の人々に伝えるために、イタリアから、その除染方法の公開と説明のために、
ライブ放送をします。

★第9回ワークショップ ~福島のために~
日時 1月30日 午後2時から~ (←日本時間。イタリアだと朝の6時)
場所 livestream.com 
*ライブ放送のリンクは決まり次第公開されます
主催者 イタリアにあるKeshe財団(ケッシイ財団)
*日本語通訳付
*ライブ放送の視聴は無料。技術は無料で提供されます。
財団は、除染が早急に必要な地域に住んでいる福島の農家や除染作業にあたる人々に
ライブ放送を見て欲しい、と希望しています。

★現在、財団では、質問を受け付けています。日本語で質問できます。
必要であれば、以下宛に財団に直接質問をすることも可能です。
keshejapan@gmail.com
ケッシュ財団の第一期研究生として日本人が参加(上記メルアドが明記されている記事)
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2476630.html
その技術では、2週間前後で農地除染ができるそうです。
「農地から大部分の放射性物質を除染する完全な解決策がある。」とのことです。
残念ながら、日本政府や東電は、全く関与していません。
2年前から、財団が政府や東電に連絡を取り、返事を待っていたようですが、全く反応が
なかったそうです。そのため、今回、日本の現地で作業をする人々に向けて、直接、
情報を公開することに決めたようです。

以下の◆3つは、財団の情報を翻訳している方を通して、財団に確認を取って頂き、
財団からYES、との回答を頂いおります。
翻訳者からの返信:
-------------------------------------
以下の内容については確認がとれました。
◆すでに専門家と開発した技術を財団が確立されていて確実なデータ結果がある
◆除染の効果を調べる実験の段階が終わっているため現地での実験は不要
◆すぐに実践できる技術ですぐに効果があるため、除染技術を直接、農家に伝えたい。
更に、この技術はよく理解されていて、突破口を切り開いた新技術としてすでに
認められているそうです。

また実験はすでに6年間行われているので現地での実験は必要ないそうです。汚染水は
すぐに効果がある、土壌についてはあるプロセスを踏むがとても単純なものだとのことです。
ただ、課題は放射線物質を政府にわたすまでの取り扱いで、防護服などの保護が必要になる、
とのことです。彼は本気で、このように地元の方に直接指導して除染していくという想定も
考えているようですが、ビデオでの詳しい説明をみんなで聞くという所までもっていければ、
政府、東電がこの技術の存在を認めないわけにはいかなくなるという、考えなのかも
しれないですね。

取リ急ぎまして、以上の旨をお伝えいたします。
----------------------------
財団は、これまで多くの妨害に遭っているので、今回の放送も、どこまで上手くいくか
分かりませんが、世界で唯一、財団の研究を認めたイタリア政府が妨害を最小限にして
くれることを願っています。

以下、財団の記事の日本語サイト等になります。
☆今回のライブ放送日時決定のお知らせ記事(財団支援ページ内)
http://www.keshe-supportersnetworkjapan.com/keshe-1/30360-give-the-cesium-back-to-plant-9.html
☆日本へのメッセージ(財団の日本語訳サイト)
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/1817525.html
☆日本へライブ配信に向けて動き出してからの、財団のこれまでの記事(日本語)
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/cat_126647.html◆Keshe財団 本家HP(英語)
http://keshefoundation.org/
◆財団のニュースの日本語訳を、随時、掲載しているブログ。更新が一番早い。
http://sunshine.dreamlog.jp/
◆財団日本語ページ(日本の財団支援HPとして有志が作り、まだ未完成)
http://www.keshe-supportersnetworkjapan.com/keshe-1/index.html

また、財団では、発電機も開発しています。
3、4KWの発電機(日本では、30~40アンペアでしょうか)を、70万円で販売予定。
現在製造中ですが、欲しい人がそれを自国に輸入できるかどうかが一番の問題です。
年間維持費が2万円程。海外からの支援を市民レベルであっても早急に受け入れ始める
ことで、放射能問題の状況が少しでも改善されることを希望しています。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。