福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発から40kmで沢水を飲料水として飲む事

金曜日官邸前抗議行動で、「福島からのメッセージ」を読みました。

ここは、原発から40キロ付近。水道の値は、
国の基準値(飲料水)4月1日より・放射性セシウム:10ベクレル
測定機関:福島県衛生研究所検出下限値:1ベクレル/Kg
上水道
採取日:放射性ヨウ素:放射性セシウム11月19日:検出されず:検出されず
11月12日:検出されず:検出されず11月5日:検出されず:検出されず
10月29日:検出されず:検出されず10月22日:検出されず:検出されず HPから抜粋。
となっているが、ヨウ素とセシウム134と137しか測っておらず、その他の各種についても
公表しともらわないと安心して飲みたいと思えません。
そんな状況の中、22歳の娘、19歳と16歳の息子を持つ50代の男性Aさんの話題になった。
この方は水道ではなく、沢水を引いて生活用水にしています。勿論、飲むための水でも
あります。

ある日、自宅近辺の孟宗竹を加工して、沢水を引くための工夫をあれこれしている時の
話です。
竹は、放射性物質をたくさん吸っていますね・・・沢水は、その竹を流れ運ばれ、
Aさんの子供たちが飲むんです。

どう考えても原発からは今だに放射性物質が放出されます。
沢水が飲めるかどうか…飲みたいか、飲みたくないか、子ども達に飲ませるか
飲ませないか、もう個人の判断なのです。

少しでも批判するようなことを言うものなら、人間関係を壊す事態にもなりかねない…
当たらず触らずその場を過ごそうかと感じていましたが、一緒に話をしていた、
やはりその方も似たような年頃の子供を持つ50代の男性Bさんが
「沢水は・・・飲まない方がいいんじゃないの?」と一言。

Aさんは、
「そういうこと考えてるのは、⚪︎⚪︎君の奥さんくらいなんじゃないの。
金、かかんないんだよ。」といいます。

⚪︎⚪︎君の奥さんは以前に、地元米を使用した給食をやめて欲しいことやマスクを
推奨して欲しい申し入れ、児童や生徒にプール清掃(除染ですよね。)をさせない為の
お願いなど子どもを守るために声をあげている方です。

何故、そこで名前を出されなくてはならないのでしょうか。
当たり前の感情が、反対の状態を招くのです。安心安全まっしぐらの町。
それと共に生きたい住民達も確かにいます。

私にとっては沢水も、孟宗竹も、空気も、土も気持ち悪いものになりました。
でも、全く感じない方もいます。
以前は「何とかして伝えなきゃ」と思いましたが、今はそのように思っている方々の
領域には踏み込む勇気もなければ、気力もどんどんなくなりつつあります。

スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。