福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年20ミリの暴挙に原子力規制委員会が踏み切る方針!

転載させていただきます。
厚労省日報ダイジェスト福島県版763報 拡散可

平成25年11月8日(金)

この日、原子力規制委員会が、年20ミリシーベルト以下であれば
健康に大きな影響はないという見解を放射線防護対策の提言に
盛り込む方針を固めたことが分かりました。

田中俊一原子力規制委員長は、「年20ミリシーベルトであれば
全体のリスクとして受け入れられるというのが世界の一般的な考えだ」
と話しているそうですが、
世界には20ミリ以下で、ガンのリスクが高まるとする、研究論文が沢山あります。
例えば、文部科学省の委託調査によれば、
わずか10ミリシーベルトの累積被曝で、原発労働者の、全ガンの死亡率が
3%増加したという、研究結果が発表されています。参照※1

また、カナダのマギール大学の研究によれば、
心筋梗塞後のCT検査で、10ミリずつ被曝が増えるごとに、発がんリスクが
3%増加したという研究結果が発表されています。参照※2

原子力の専門家で、東京大学大学院教授の小佐古敏荘氏は、(3.11から約1か月半後の)
平成23年4月29日。内閣官房参与を辞任する時の記者会見で、
「年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、
極めて少ないのです。
この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、
私のヒューマニズムからしても受け入れがたい。」と涙を流して訴え、
内閣官房参与を辞任しましたが、

原子力規制委員会の専門家チームは、こうした「20ミリ以下は安全とは言えない」という、
世界中の研究者(専門家)の声に、どのように答えるのでしょうか?

私は福島県の子供たちに、
「大人(女性)の原発作業員(放射線業務従事者)は、年間5ミリシーベルトだけど、
福島に住んでいる子供たちは、(健康に大きな影響はないから)年間20ミリになったよ。」
などとは、口が裂けても言いたくはありません。

2年前・・・
20ミリシーベルトが問題になった時は、たくさんの人から反対の声があがり、
文科省は20ミリの強硬姿勢を、一歩後退せざるをえなくなりました。※3

原発の再稼働や、脱原発問題も、たくさんの人から「再稼働反対」「脱原発」の
声が上がり、政府は「40年廃炉」を決めざるをえなくなりました。

20ミリシーベルトや原発推進の流れを止める、一番のポイントは、
やはり、民意にあるような気がします。

事故から2年9か月がたち、事故が風化し始めているといわれていますが、
20ミリ反対の声(民意)は、かならず大きくなると信じて、私も、「反対」の声を
上げ続けたいと思います。


ちなみに、
厚労省の「食品中の放射性物質の検査結果について」によれば、

平成25年11月7日(火)。
この日、福島県では、

野生のキノコ1点の放射性セシウム検査を行い、
790Bq/kg(チャナメツムタケ・会津美里町)の検出の報告がありました。
県は同日、同町の野生のキノコの出荷自粛を要請しています。

《その他の、放射性セシウムが検出された食品》
野生のきのこ類6点中「5点」15~45 Bq/kg
(ナメコ・ムキタケ 会津地方)
きのこ類(栽培物)14点中「3点」5.02~8.42 Bq/kg
(原木しいたけ・原木なめこ 会津地方)
牛肉29点中「1点」(塙町)
《検出下限値以下の食品》(<Ge4.8~18Bq/kg以下)

野菜類59点
(ブロッコリー・小松菜・レタス・サニーレタス・ニラ・キャベツ・ハクサイ・カブ・
ヤーコン・ダイコン・トウモロコシ・カリフラワー・長いも・水菜・リーフレタス・
赤カブ・赤大根・里芋・人参・ネギ・エゴマの実・ムカゴ・コンニャクイモ)
(県内全域)

果実類7点
(キウイフルーツ・リンゴ・ギンナン)(中通り地方)

きのこ類(栽培物)14点中「11点」
(原木シイタケ・原木ナメコ・菌床ナメコ・菌床ヒラタケ・菌床ブナシメジ)
(中通り・会津地方)

牛肉29点中「28点」(中通り・会津地方)

※3「20ミリ反対」の声を受け、文科省発言は「当面、1 ミリシーベルトを目指す」
に変わる。
その後住民の多くは、年間1ミリという数値と、毎時0.23マイクロシーベルト
(年間1ミリを一時間あたりに直した数値)を、様々な判断の目安にしてきた

※1参照:原子力発電施設等放射線業務従事者等に係る疫学的調査
http://www.rea.or.jp/ire/pdf/report4.pdf#search='%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%81%AE%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85%E3%81%AE%E3%80%81%EF%BC%92%EF%BC%90%E4%B8%87%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%96%AB%E5%AD%A6%E8%AA%BF%E6%9F%BB';;

※2参照:参照:「低線量X線検査を受けた急性心筋梗塞患者のがんリスク」マギール大学(カナダ・モントリオール)チームの論文

※ダイジェストの詳細に関しては、厚労省の「食品中の放射性物質の検査結果について」
を参照してみてください。
参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000028947.html

※Geはゲルマニウム半導体検出器を用いた核種分析法の略
※アドレスは配信専用のアカウントです。
みなさまからのご意見、ご質問はmasa219koro@yahoo.co.jpへお願いいたします。
※過去のダイジェストが見たい方は、こちらへ…
「フクシマンの福島リポート」http://ameblo.jp/masa219koro/
(アメブロにアドレスから入れない方は、タイトル検索してみて下さい)


(福島県郡山市 フクシマン・マサ)



スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。