福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界からのメッセージ

10月11日、13日と抗議行動、原発ゼロ統一行動に参加しました。
13日は「世界からのメッセージ」としてファミリーエリアでメッセージを
読ませていただきました。

<海外からのメッセージ>
安倍首相は汚染水処理が難航している福島第1原発事故への対応について
「みなさんの知恵と専門知識を必要としている」と述べ、
国際的な協力を呼びかけた。
原発事故を「わが国が学ばざるをえなかった苦い教訓」と表現。自前主義への
こだわりを捨て「世界中から最も先進的な知見を吸収しなければならない」と強調した。


安倍首相のは発言を受けてIAEAの天野事務局長は直ぐに来日して、
IAEAは準備があると述べています。
でもIAEAは原発を推進しているので、決してIAEAの手に福島の原発事故を
渡してはならないと思います。IAEAではない他の国際機関からの協力が
あったら良いと思いました。

国連への嘆願としてアメリカから出てきた署名運動を知りました。
署名が1万人以上集まったら国連事務総長とオバマ大統領にその署名を
渡すのだそうで、11日現在8万5千人もの方が署名されました。
この中から最新のものから順番にコメントのある人の文章を訳しました。
(訳は自分でしたので間違いがあるかもしれません)
ダニエル(カナダ)
安全が欲しい!東電は自分達だけの判断でするような事が無いようにして、
一緒に作業して欲しい。
この専門家達の共同作業に私達の安全が保かかっているのだから!神の御加護を。

アンナ(カナダ)
最悪の状況になる前に一団となって問題処理を行なって欲しい 

ケイ(アメリカ)
この問題を解決する為に世界中が協調して動いて欲しい

サンドラ(アメリカ)
どうしてこんなに長い間世界がこの福島の汚染水や放射能が漏れている
問題を無視しているのか理解出来ないです。放射能に毒され、終わりの
無い危険の最中にいるというのに気にしていないのはどういうことか?
何か思いきった事をして放射能漏れを止めてこの環境を変えて欲しい。
あなた方は気が狂っているのではないか?視えないから危険ではない?
前例のないこの原発事故が目の前にあるのに。
世界のリーダーたちがこの問題に踏み込んで何かを決めるまで、
無関心と冷淡さでこのウソがどの位長く続くのだろう・・

ジェームス(アメリカ)
この事態に政治家がなんらかの金銭の授受があってはならないと思う。

ナタリー(アメリカ)
この気違い沙汰をなんとか止めてくれ。あなた達日本人は放射能が漏れて
私達の海の全てを殺すつもりか。ありとあらゆるものを死滅させる気か?

ジュリー(アメリカ)
何故私達のエネルギーを本当に真実で価値のある事・・命を救う事に使わないのか?
私達は世界を守るという誇りを持っている。だから今のアメリカの金融緩和の問題
よりも私の税金がこの大災害に使われる方が私としては嬉しい。

テレサ(アメリカ)
なんていう事でしょう!私達はたった一つの地球しか持っていないのよ。
今直ぐにしなくては!

キャサリン(ニュージーランド)
答えは一つ、原発いらない!

ナンシー(アメリカ)
アメリカ他の国々で科学者達は共に協力して日本人を助けて欲しい。
誰もが恐れている燃料棒の誰もが健康を害されることなく、取り出す事が一番大事です。

セバスチャン(カナダ)
遅くなる前に何としてくれ。世界中の人々の問題だから。

ニディア(アメリカ)
世界中のリーダーはこの災難を最優先して事にあたって欲しい。
戦争や、油の取り合いやら、権力というのは考えないで欲しい。

デイビッド(アメリカ)
命あるものを愛するのって素晴らしい事だと思う。どうぞ早く行動してくれ。

カレン(アメリカ)
私は福島世界中を深刻な恐怖の中に陥れたと思う。
そして日本人は地球の健康をかたにして充分時間をかけて
解決するようにしても出来てない事を私達に見せて理解させた。
もう、国連、または他の機関はこの毒だらけになって壊れかけている
地球を解放する道筋を私達に示して欲しい。
petiot(フランス)
世界中の権力やお金のある人達、そしてリーダーたちは人々の地球の
生き残りに対しての責任がある

NISCHARA(アメリカ)
これは実際に日本だけの問題ではなく、世界中の問題だと思う。
どうぞこの危急の事態を優先してください。

ここまでで時間切れとなりました。
読んでいて色々と気づかされる事が多く、海外が福島をどう見ているのかを
知る事にもなるので、少しだけ続けたいと思います。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。