福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西の開業医の方からいただいたメッセージ

関西のサポーターさんからいただいたメッセージです。
或る機関誌に掲載された原稿だそうで、こういう形で広めてくださっているのですね。
有難いと思いました。そのまま掲載させていただきます。

反原発のバッジ        
2011年3月福島第一原発のステーションブラックアウト。
それを聞いたときに「炉心溶融はすぐに起こる」と思いました。
でも、政府もメディアも真実は言わず、さらに年末には「冷温停止状態で収束」と
嘘ばっかり。
2012年春から、一日遅れで送られてくる東京新聞に変えました。
6月、7月と関電本社前の「反原発集会」に参加していましたが、仕事の後に往復を
含めて3時間近くの時間を使って出かけるというのは65歳の身にはちと過酷だった
ようで、ダウンしていました。

そんな時、東京新聞の一面トップに菜の花に「NO NUKE」の文字が入った
かわいいバッジが載りました。福島バッジプロジェクトのバッジです。
「多くの方達が自分の意思を伝えられるようにとこのプロジェクトは始まりました。
福島の何も言えない雰囲気を止め、「原発イヤだ」と意思表示が出来るバッジを」
とのことです。

集会やデモに行けない人にもバッジをつけて意思表示をしてもらいたいと訴えています。
体力的に集会に参加し続けられない私でも、これをつけることで「反原発」の意思表示と
福島のことをずっと見ている、原発を考え続けているという思いを表現できると考えました。
バッジをつけませんか!

去年広島の集会で、被爆者治療を続けた肥田舜太郎先生の話を聞きました。
内部被曝や低線量被ばくの実態は体調不良を訴える患者さんのそばにいる医者が真摯に
取り組まなければ福島原発の被曝も隠されてしまうでしょう。
権威や権力の側にではなく患者さんの側にいる医者でありたいです。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。