福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の仲間にpdfで送られてきたメール

バッジプロジェクトの仲間だけでなく、福島の友人とメールで、電話でやりとりしていると、「友人が・・」「近所の人が・・」「同僚が・・」「親戚が・・」「子供が・・」といつの間にか、そんな話になっていくことが多いです。
姿が見えない・・・、来なくなった・・・、辞めた・・、病気になった・・・、亡くなった・・・、手術・・・、お葬式から戻ったとこ・・・、どす黒い顔してた・・・・・・延々と続きます。胸が詰まるような会話ばかりが続きます。
心優しい友人たちは会話の終わりに、ことさら明るい声で、
「でも頑張らなくっちゃ・・・」
「そうね」と言わないと友人との関係にヒビが入るかもしれない。
でも頑張るべきは東電でしょ!政府でしょ!県でしょ!

おかしくないですか!?
なんでこんな会話ばかりになるのって、おかしくないですか?
誰でも知っている答え、
でも表向きには誰も言わない言葉「原発」「放射能」「東電」
そのような会話もだんだん、関東圏でも聞こえてきています。

福島の仲間からメールに何の説明もないまま、pdfで添付された一つの文章が送られてきました。転載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、世界中で異常気象や大きな地震が頻発しています。
建物が崩れて人が亡くなったなどの被害ニュースに、心が痛みます。

東日本大震災から5年が過ぎ、公共施設や学校では耐震強度の工事が急ピッチで進んでいるよう です。
東京下町の木造住宅密集地で、国から補助金を出して耐震強度工事をするような動きがあるよ うですが、実際に住民は「300万円を補助してもらっても、実際にかかるのは何千万円もかかるんだよ。ウチじゃあ無理だ...」っと。
危険と解っていて住み続けなければならないのです。

同じ様な事で、「あなたのお住まい地域は放射線量が高いです!!」と言われても、他に移住出来 る人はどの位いるのでしょうか。
私の夫は8月に骨髄由来の血液の病気を発症し、急遽入院しました。
アメリカに住む娘は、「そ こに住んでちゃダメよ。こっち来たら!?」と言います。
復帰後に仕事の事や高齢の両親など、直ぐに行ける状態ではありません。
むしろ、不可能かも...。
殆どの人がそうでしょう...。
危険だと解っていても住み続けるしかないんです。

バッジプロジェクトは、とても尊いもので携わる方々の地道な働きには頭が下がります。
ノーベル平和賞受賞者のマザーテレサは「私達の働きは大海の一滴に過ぎません。
でも、これを止めたら大海にも一滴足りなくなります。」と名言を残されました。

バッジプロジェクトのある方から「〜は物凄く線量が高いんですよ。」と言われました。
「だからってどーしょもないでしょ...~_~;」
私は震災後間もなくから頻繁にその辺のゴルフ場に行ってました。

尊い一滴が「バッシャーン!!」と全身ずぶ濡れになるような気がするのはアタシだけ
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。