福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに掲載させていただきます。
以下の文章は某MLで拡散の了承されたものです。
福島はいつの間にか声が出にくくなり、そして今、日本全国が声を上げにくい情況になってしまいました。
もうすぐ参院選があります。現在の状況を少しでも良くするために、いいえ、これ以上酷い事態にさせないためにも、是非投票をしてください。
・・・・・・・・・・・・
・・・・省略・・・・
現在発売されている週刊誌には、原発関係の重要資料がいくつか掲載されています。

他にもあると思いますが、私がたまたま目にしたものは、
(1)『週刊エコノミスト』7月5日号、本間照光「加害者に甘い原賠法見直し」

現在、「原子力損害の賠償に関する法律」の見直しが行われており、電力会社は、賠償責任を「国との連帯責任」ということで逃れるばかりか、「事故を起こした電力会社=加害者が国に支払いを求めること(求償)ができる」制度さえ、導入が検討され、そのような主張が「多数派」になりつつあるという事実が紹介されています。

(2)『週刊女性』「横浜市 小・中学校に放射能汚泥5年放置の怖~い言い訳 恐るべき『減量』計画 除染土が公共事業に!?」

これは福島県での話ではなく、神奈川県横浜市の出来事である点に注目すべきでしょう。
取り上げられているのは、横浜市内の17校に、8000Bq/kgを超える放射能汚泥が5年間も放置されている問題です。

汚染度が、今後8000Bq以下になった段階で、公共事業に利用され、日本全土に拡散される環境省の計画の危険性を訴えています。
ところで、同記事には、福島県内の除染作業による汚染土等が、合計で2000万m3に及ぶという数字が、引用されています。
この通りだとすると、比重を控えめに1とし、汚染度を最低として8000Bq/kgすなわち800万Bq/tと仮定すると、その中の放射能量は、
2000万t × 800万Bq/t=160兆Bq となります。

すべてがセシウム137だと仮定すると、広島原爆(89兆Bq)のおよそ「2発分」に匹敵することになります。
ただこれは、大いに控えめな数字であり、実際には、汚染度と比重が大きい分だけ、この数字よりも大きくなるでしょう。

いずれにしても、汚染土の詰まったフレコンバッグの中には、最低でも、広島原爆数発分、実際には十数発分の「死の灰」が詰まっていることを、片時も忘れてはならないと思います。

環境省は、このような「死の灰」を、公共事業によって全国に拡散し、全国民を被曝させることが、福島原発事故からの「復興」だと考えているのです。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。