福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬市「全戸に憲法冊子 原発事故で軽視された人権守る」 

福島の仲間から南相馬市のはらまち市民まつりではらまち九条の会が福島の方達にバッジを渡していただけると聞き、その後の報告を九条の会の方から頂いた時に、メールの下にあったメモです。
小さな1行の「はらまち九条の会の成果です。ご覧下さい。」と書かれた下に以下のアドレスが・・。
クリックしたら毎日新聞の記事でした。目を見張る思いで読みました。
 http://mainichi.jp/articles/20160426/k00/00e/040/202000c
素晴らしいことを南相馬の方達はしてくださったのですね。

 南相馬市の県内外の避難住民を含む全世帯に憲法冊子を5月3日に配られること、以前に南相馬市では1971年に憲法の小冊子を配布していて、市内の九条の会はこの復刻を昨年市議会に陳情し、全会一致で陳情を趣旨採択されたこと。 
その小冊子には前文と全103条が記され、桜井市長の「震災と原発事故で憲法が保障する健康で文化的な生活がかなえられない市民がいる。憲法とは何かを考えていただきたい」という挨拶が入っているそうです。大変に喜ばしいニュースです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://mainichi.jp/articles/20160426/k00/00e/040/202000c

上記の新聞の抜粋
(毎日新聞2016年4月26日)
南相馬市
全戸に憲法冊子 原発事故で軽視された人権守る


 福島第1原発事故の被害を受けた福島県南相馬市は、県内外の避難住民を含む全世帯約2万5000世帯に、憲法の小冊子を配布することを決めた。原発事故で今も約1万人が市外に避難しており、憲法が保障する国民の権利を見つめ直してもらう狙い。5月1日発行の市広報紙とともに全戸配布する。憲法は5月3日、施行から69年を迎える。
・・・・・・・・・・・・・・・省略・・・・・・・・・
陳情した「はらまち九条の会」の山崎健一事務局長は「原発に踏みにじられたこの南相馬から、憲法を生活に生かす取り組みを進めたい」と話している。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。