福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山菜取りは窃盗罪?それよりも食べるつもり?

 山菜の季節になりました。
少し前までは筍が美味しい季節でしたが・・季節を楽しめた山の幸を口にしなくなって、イイエ、口に出来なくなって久しくなりました。

 個人的な話ですが、私の甥は一時測量会社に勤めていました。
春になると山などの測量もして、そうするとお土産で筍を貰いましたっけ。
「イイの?」と聞くと、「会社の上司も現場に行けばそれが楽しみだって取ってるよ。僕が取れるのはそのおこぼれだもの。」
そう言えば、少し大きめの筍でした。
でも甥が掘ってくれたと思うとそれだけでも嬉しくて嬉しくて、たくさん料理し、美味しさと幸せを噛み締めながら戴いたものです。
それも原発が爆発してからは無くなりました。

 そんな今日、福島の友人から、昨日会社で聞いた話というのをまた聞きしました。
福島の線量の高い山で、某会社の従業員が仕事をしたのだそう・・・
そして山菜を採取。きっとその人は食べようと思ったのでしょう。
まあ、普通は『うん?・・・食べるの?・・』と今の時代は思うのでしょうが。
ところが、その会社に山の持ち主からクレームが入りました。
「言ってくれれば良かったのに。そしたら喜んでどうぞどうぞとなるのに、黙って採るのは」というのだそうです。
そこで社員たちで立ち話が始まりました。
内容は、窃盗罪で訴えられるのではないか?という心配の話です。
話がどう展開するのか、そもそも女性にあまり発言権がない職場で働いている友人は、その放射能に汚染されているかもしれない山菜を食べる気なのかが不思議だったので、黙って仕事しながら聞いていたとのこと。
立ち話は最初から最後まで窃盗罪についての心配でした。
放射能の話は一切なかったそうです。放射能は?と彼女は内心びっくり。

「まあ、福島で放射能の被曝にはならないで、窃盗という、そういう話になるとは思わなかった。山菜ですもの、どう考えたって・・」
「そうなのよ、不思議でしょう?」
「原発いらないって福島の人に声を出して言って欲しい」
「これだもの、声が出ないのよ」
・・・・・・・
もっとずっと前、爆発した時から私たちはもっと大きな声で言うべきだった、どんどん街に出ていうべきだった、周りを強引に誘ってでも行動するべきだった・・・。死に物狂いでするべきだった。
それをしたつもりでも、結果はしなかった、結果はできなかったとなっている・・それが今の川内原発や伊方原発に影響していると思うと自分自身の罪の深さを思うばかりです。


スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。