福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の子どもたちを米沢の遊び場へ!送迎バスを定期運行したい

 先日、しだれ桜の見事なお寺に出かけました。見事な桜に境内は静まりかえり、皆それぞれの思いで桜を楽しんでいたところ、ひょっとお賽銭箱の横にある小さなお賽銭箱らしい箱を見つけ、「あれ?去年はなかったあの箱はなんだろう?」と近寄ると古木の傷んだ幹の修復のための募金箱でした。毎年このしだれ桜を楽しんでいた私はコインを入れると、「チャリン」と大きな音がしてギョッとし、周りの人が一斉に振り返りました。その大きな音とお札ではないコインを入れたのがばれたように感じて恥ずかしく思い、そそくさとその場を立ち去ると、その後に多くの人がチャリン、チャリンとお金を入れ始めたのです。その大きな音に人は気付き、桜の反対側にいた人たちも「この音はなんだろう?」と来てまたチャリンチャリンと、しだれ桜の雰囲気に似合わないお金の音が響きました。その中には一緒に出かけた姉妹もいました。帰り道、募金箱の音の大きさに姉妹たちも何故あんな大きな音がするのだろうと話題になりました。その夜会った友人にその話をすると、「今はそういう時代なのよ。支援をお願いする時に透明のカンパ袋にすると、その方が集まるのよ。お寺の住職さんもそうしたのね」と。支援、カンパに対する姿勢が以前と違うような気がします。
チャリンと大きな音はしないけど、心にチャリンと響く温かな支援ができる、子供の未来を守る活動をずうっと続けている福島の活動を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島の子どもたちを米沢の遊び場へ!
送迎バスを定期運行したい

福島から片道50kmの米沢市で、子ども達が自然の中で自由に走り回って思いっきり楽しめる「冒険遊び場」づくりをしています!

はじめまして!NPO法人青空保育たけの子代表辺見妙子といいます。福島生まれの福島育ちです。「自然の中で幼児期に大切な五感を磨き生きる力を育む保育がしたい」と、2009年に仲間と一緒に団体を立ち上げました。震災以降、自然の中での遊びを制限されている福島の子どもたちはコスモスやススキさえ知りません。そこで2011年から福島の子ども達を連れて、福島から片道50kmの米沢市へ通い外遊び支援を始めました。福島市から遊び場まで無料送迎バスを走らせています。審査から5年経ちましたが、子ども達がなんの制限も受けずに、自由に遊び、情動を育て、自尊感情を育めるような遊び場がこれからも必要です。

3.11以降、福島でわたしたちは活動場所を失いました。

3.11以降放射能の影響により福島県内での外遊びは著しく制限され、わたしたちは活動場所を失いました。そこで、隣県山形県米沢市に通って日常的に保育を行う、という選択をしています。福島市内の公園は、除染が進んでいるとはいえ、まだまだ、安心して子ども達が遊べる環境にはないとわたしは思っています。ましてや、除染が行われていない野山で遊ぶことは不可能です。

「冒険心(いたずら心)全快!子どもの遊びは『AKB』!」静岡県冒険あそび場たごっこパーク主催NPO法人ゆめ・まち・ねっと代表渡部達也さんの言葉です。「あぶない」「きたない」「ばかばかしい」のが子どもの遊び。既成の遊具や室内遊び場がいくら整っていても、それを体験するのは難しいです。

NPO法人 青空保育たけの子
〜制限なしに自由に遊び、情動を育てられる遊び場を創りたい〜

青少年の自死が多い、そんな奇妙な国日本。子どもたちの遊びは都会化・機械化され、からだを思いっきり使ったり、遊びを創り出すことができなくなりました。自分はこの世にたったひとりしかいない大切な存在なのだという自尊感情を育てるには、子ども達がなんの制限も受けずに、自由に遊び、情動を育てられるような遊び場が必要だと感じ、2009年に仲間と一緒に団体をたちあげました。そして、震災以降、2013年に、「青空保育たけの子」はNPO団体を設立し、現在も子どもたちへの遊び場作りをするために活動をしています。

『開催場所』 山形県米沢市上新田1166
        冒険遊び場あそべんちゃーランド
『開催期間・開催頻度』 通年・毎週土日開催
『対象人数』 毎回20名程度
『支援金額使途内訳』 バス運行費(ガソリン代、バス借用料、運転謝礼)、プレリーダー人件費/(月12万円)

NPO法人青空保育たけの子代表 辺見妙子
Tel 070-1143-1166(事務局) 
http://www.takenoko-aozora.org

振り込み口座  ゆうちょ銀行 02240−1−118548
口座名義     特非)青空保育たけの子

¥100以上の支援で受け取る引換券
◆福島市在住の絵手紙インストラクター寺島良子さんの絵手紙1枚
¥3,000の支援で受け取る引換券
◆サンクスレター(子供の笑顔の写真1枚)
◆ホームページやFacebookでお名前の掲載(任意)
¥10,000の支援で受け取る引換券
◆3,000円の引換券に加えて、
◆福島市在住の絵手紙インストラクター寺島良子さんの絵手紙1枚
◆たけの子特製味噌(100グラム)をお送りします。
¥30,000の支援で受け取る引換券
10,000円の引換券に加えて、
◆「たけの子見学ツアー1泊2日」招待券をお送りします。
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。