福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日(日)広域避難者集会

13日の日曜日、広域避難者集会が東京都千代田区麹町で開かれます。
チラシの書き起こしをします。
注:ひなん生活をまもる会について(HPより)
原発事故による福島県からの避難者が最も多い東京で、全国の避難者の生活の改善をめざして2013年11月に設立しました。私たちのメンバーには母子避難世帯も多く、子育て、仕事、二重生活などそれぞれ暮らしの中で困難や悩みを抱えながら、互いに協力しあって活動を続けています。高速道路の無料措置化、医療健康問題、特に「平成27年3月末」までと期限を定められた私たちが暮らす避難住宅について長期にわたる無償提供の延長を求めることなど、緊急の課題や生活に密着した問題について取り組んでいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
住まいをまもろう!
2016第5回
広域避難者集会

第1部 講演 「原発棄民 フクシマ5年後の真実」
  講師 日野 行介 (毎日新聞記者)
第2部 避難者リレートーク
 「住宅打ち切り問題に避難者はどう対処すべきか」

 お話し 首都圏・山形などの各地の避難者のみなさん
 まとめ  鴨下 祐也(ひなん生活をまもる会代表)
       森川 清 (弁護士・東京災害支援ネット代表)
2016年3月13日(日)
午後1時〜3時30分(0時30分)
弘済会館4階 「蘭」
 (東京都千代田区麹町5−1)
⭐︎参加無料
⭐︎予約不要
⭐︎どなたでも、参加できます
⭐︎別室でお子さまの見守りします⭐︎
各自好きなおもちゃや本などをもたせてください。なるべく事前申し込みをお願いいたします。
申し込み:きらきら星ネット 0120-077290
kirakiraboshinet@gmail.com
主催・お問い合わせ:東京災害支援ネット 電話 0120−077−311
共催:ひなん生活をまもる会、きらきら星ネット
独立行政法人福祉医療機構
社会福祉進行助成事業



四谷駅
スポンサーサイト
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。