福島バッジプロジェクトは、福島の人達が「原発はイヤだ」と意思表示を出来る場を作り、その福島の人々の心に呼応して、同じ意思表示を日本中のだれもが出来るような場を作る事を目的として設立しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご支援くださっているH.Kさんからのメール

**さま

・・・・・・・・略
ご指摘の「以前の過剰払い」は、カンパとしてお受け取りください。


以下、自分からのエールです。
原子力「ムラ」の力は、他の「ムラ」と同様に強力で脱原発への道は険しいようです。  
(注) ここでは 「ムラ」=共通の利権を僭奪する政・官・財・学・大マスコミの集団 と定義しています


この険しさにだけに気をとられると展望を見失いがちになります。
しかし原子力ムラの方が、実は展望をなくしそうなピンチにあるのではないでしょうか?
数あるムラの中で、その醜悪な実態が多くの国民の目に明らかにされたのは、このムラしかないのですから!
そう意味で、「福島第一事故」は彼らにとっても不幸な事故だったのです。


次世代を担う小中高学校の世代はこのムラの醜悪さを日々見て育つのですから、数十年のスパンで見れば彼ら原発ムラには未来がないといえます。
自分たち世代の運動は、彼ら原発ムラの未来を一刻も早く絶つために、これら若い世代に働きかける・・・という意義も大きいと思います。
しかし、次の地震も原発事故もいつ起こるか判らぬ直近の危険ですから、彼ら原発ムラの未来をできるだけ早く断つ必要があるのです。
「コップから水があふれるのは、それまで水を注いだ地道な努力があるから。いつあふれ出すのか、それはもうすぐかも知れません。今できることは少しでも多くの水を注ぐこと!」
安部晋三が目指す歴史逆転の策動なんぞでコップを割ってはなりません。
勝利を信じて、がんばりましょう!
スポンサーサイト

喜多方市へのバッジ渡し

4月26日、喜多方市長、副市長、市議会にバッジを受け取っていただきました。
又、全職員の方へのバッジ530数個をお渡ししただけでなく、役所に来られた
市民の皆様へ渡す分としてプラスアルファの合計600個受け取っていただきました。

北塩原村へのバッジ渡し

4月26日、福島県北塩原村長、村議会にバッジを受け取っていただきました。

谷岡議員と安倍総理「子ども被災者支援法の討論」 拡散希望

郡山市の池田雅之さんの投稿を転載します。
長いのですが・・・引き込まれます。読んでいただけたら嬉しいです。

平成25年2月19日
参議院予算委員会で、

谷岡郁子議員が、

安倍総理や、

森大臣に

「子ども被災者支援法」について質問をした
動画を見ました。
http://www.youtube.com/watch?v=gRu0d6849ac

福島の子どもたちのために、
こんな風に、粘り強く戦って下さっている、
議員さんがいる・・・
続きを読む

まとめ(県内での県市町村長、議会へのバッジ渡し)

掲載忘れていました。申し訳ありません。
福島県内での県市町村長、議会への福島バッジプロジェクトからの働きかけのまとめです。
お渡しした後は順次、この表に追加させていただきます。

<2012年>
*8月3日、二本松市長、市議会にバッジを渡しました。
  *8月14日元二本松地議会議長(旧岩代町)にバッジを渡しました。
  *8月14日浪江町議会にバッジを渡しました。
  *8月17日浪江町長 副町長にバッジを渡しました。 
続きを読む

県内でバッジを渡した首長・議会

福島県内にての公人へのバッジ渡しのお知らせです。
4月24日 会津若松市長、市議会、議会事務局の皆様・猪苗代町長、町議会、会津若松市及び議会事務局の皆様へバッジ、資料を受け取っていただきました。

福島の友人との電話での会話から

「地震で家は壊れたままだ。今の原発の状態では修理をする金も時間もかける気持ちがない」
「やたら家を新築しているのをみかけるけれど、どういう事なんだろう?」
「この頃、飼い犬が突然死んだというのが多い。先月まで元気だった犬が翌月に行くと“死んだ”と言われる」
「郡山で女の子が白血病で亡くなったそう」
「10年経つ頃には私達も・・・・」
突然に乾いた笑いで、「アッハッハ!そんなに持つわけないでしょ!」
「・・・・・・・・・・・」

福島県の「桃」の放射性物質について

興味深いので、転載させていただきます。

福島県は、平成25年3月28日。
今年度の4月~6月までの3カ月間の、
「食品放射性物質検査」の
「検査計画」
について発表しました。


参照:
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/saisyukijun.pdf

一読してまず気になったのが、
福島県の主力産品の「桃」が、
「収穫前検査」の対象から外されてしまう、
ということだったので、
今回は「福島県の桃」について、書いてみたいと思います。
続きを読む

東京電力海底土「プルトニウム」ダイジェスト 

郡山の方が膨大な資料から、様々な事実を丁寧に掘り起こしてくださっています。
その一部を紹介いたします。転載可と書いてあります。

東京電力は平成25年4月15日、
福島第1原発港湾内で採取した
海底の土のの検査を行い、

プルトニウム239+240が、

1.4Bq/kg


ストロンチウム90が、

73Bq/kg

検出されたと、発表しました。


参照:
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/fl/smp/2013/images/ocean_soil_130415-j.pdf
続きを読む

福島出身のNさんからのメッセージ 続き

**さん☆バッジの方 お話しましたよ!

今日 来店されたので
声をかけさせてもらいました。
私が職場で使う巾着には小さいFUKUSHIMAバッジをつけているので…同じですね!とみてもらいました。
その方は INJAPANの大きなバッジでした☆
なにかの会に行った時にね 手に入れたの!とおっしゃっていました。

とりあえず今日は そこまでの話しでした。
ちょっとつながった気分です☆☆

福島の関さんの詩です

二本松の関さんの詩を掲載させていただきます。
本来ならば金曜日の国会抗議集会で読みあげたいのですが、暫く休んでいるので。

「手放せば」     2013・4・15


わたし ずっと 落ち込んでいた

好きなあの人への 想い

どうしても 手放せない                            
続きを読む

4月5日のメールへの返信が来ました。

4月5日の福島に住む方のメールを読まれた方から戴いた返信メールです。

私たち夫婦の合言葉 「孤立を恐れず」

群れに従ってだけ生きるのは自立した個人を基礎にした
民主主義ではないと思います。
一人で判断していって、それが大勢と一致すればいいけど
少数、もしくは一人ぼっちの道になっても自分の判断を
信じたいと思います。
やり方・方法はいろいろ条件で考えられると思いますが
続きを読む

フィンランドからの「福島は他人事ではない」

フィンランドで脱原発の活動をされている方にお会いしました。福島の痛みを自分の痛みと感じるアジア社会学を研究されている素敵な女性でした。福島バッジプロジェクトの紹介をさせていただきました。
フィンランドという脱原発運動の拡がりの難しい国の中で頑張っている彼女からフィンランドの報告をお願いしています。楽しみにしてください。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/70958
【特別寄稿】届け!原発推進国フィンランドから脱原発の叫び「福島は他人事ではない」 | IWJ Independent Web Journal
3月9日に行われたトゥルクでのキャンドル集会の記事をIWJさんに取り上げていただくことができました。私たちの声をこのようにしっかりと受け止めて伝えてくださって、ますます独立系メディアのファンになりました!フィンランドの原発や脱原発運動の状況、そして日本の原子炉メーカーの関与などについても触れてあります。もしよかったらご覧ください☆

4月5日のメールから

昨日、主人と久しぶりにひどく口論となりました。元々、私達は、『子どもを守りたい』その部分は最初からブレていません。彼は、***で突出して活動する私の事を大変気にしています。静かな可愛い奥さんであってほしいんですね…あー苦しい…

さて、一晩寝て感じた事をメッセージとして送ります。

4月5日

正直に生きて


続きを読む

福島県出身のNさんからのメッセージ

福島出身です〓が現在川崎市で 生活しています。
今日 バッジをつけているひとを見かけました!

実は 知的にハンディキャップのある方達が働く喫茶店で 一緒に仕事をしているのですが…
時々きて下さる年輩の女性のお客様が 帰る時に 何気なく荷物に緑のバッジを発見!

FUKUSHIMAではなかったようですが、次に来て下さった時には、お話をしてみようと思います〓

ちいさな… つながる わかつ ですが☆

白馬村の電力自給率84.01%

白馬村からのメール
「千葉大学倉阪研究室+NPO法人環境エネルギー政策研究所が2012年度版で発表した電力永続地帯市町村一覧(2011年3月末時点)によると、白馬村の電力自給率はなんと84.01%、全国98番目でした。」

エッ??84,01%で98番目?
資料では1位は大分県玖珠郡九重町2408,89%とあります。
最新記事
福島バッジを応援してください
福島バッジプロジェクト チラシ7版7版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ6版6版目の新しいチラシを作りました!

福島バッジプロジェクト チラシ5版5版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ4版4版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクト チラシ3版3版目のチラシはこちら

福島バッジプロジェクトで意思表示を!プラカードなど自由にお使いください。ご自由にお使いください!
プロフィール

福島バッジプロジェクト

Author:福島バッジプロジェクト
福島から声を出さなければ、原発は止まらない・・声を出せるような環境創りをし、又、声を出さなくとも意思表示をしようという事で始めました。このブログを通じて、多くの方に活動をご理解いただき、福島と共に歩んで欲しいと思います。

月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。